パソコン・インターネット

2022年1月20日 (木)

音楽備忘録889 ケーブルの話し③

ケーブル接触に依る雑音混入の続きになるが、インピーダンス次第で影響度が変るのへフォーカスして行こう。
オーディオ系由来の高級ケーブルの俺的には失態、又しても「分断化」がその根底にあると考えられるのだ。

現代では電気楽器以外でハイインピーダンスのなんてほぼ絶滅してて、故にこれの実体験が無い≒ハイインピーダンスの使用実情を知れないにほぼ直結している。
その中でも特に「ハイインピーダンスのままじゃ無いと困る」理由が最大の焦点で、具体的にこの苦難に一定以上直面しないと脳内で理論を凌駕するのが困難な様だ。

何せあらゆる所で低雑音化と伝送の質を上げる為に、長年苦労してインピーダンスを下げて来た膨大な歴史があるんでね。
電気屋的にはわざわざ不利な旧式のを非推奨とするのは当然で、俺言い「電気楽器音響学」とか「電気楽器音響理論」ってカテゴリの概念すら日本じゃほぼ未普及だしさ。

だが本来なら汎用電気理論の他にどの分野でもそれ用のスキルがもっと要る筈なんだが、中身じゃ無く学歴だけで履歴書すら読み飛ばしてる有様だからな。
結果的に近年本邦ではどちらさんでも相応しい者が担当してなくなっちゃって、業績が振るわなくなるのも至極当然なんですがね。

だからってこちとら時には死活問題になるんで迎合なんてしてらんないが、音色が変わってもローインピーダンスにして構わんなら一気に解決しちまうだす。
管球式以外のオーディオ用のケーブルだったら、接触に依る雑音混入は末端順位の要件になってくれる。

但し例外が皆無な訳では無く、Micやヘッドホン・イヤホンでは例の俺言い「糸電話効果」が残存している。
つまり電気的に無関係になってても物理的な方が残ってて、これもハイインピの件と近い位そこそこ大事なのにアナウンスが僅少だ。

これも含めここからはパート別の必要条件へ進めてくが、楽器では系統次第で混在してる処が他と違っている。
先ずは条件の変動がほぼ無い方から行くが、歌・Drum・打込み等では殆どオーディオ用のと同じに考えて構わないから現代では楽ちんグループだ。

Drumには大枠で生のと電子式のがあるが、大昔の極一部の電子パーカッションを除けば方式が違ってもインピはローのばかりだ。
インピはほぼハイ側固定にはなるがGuitar・Bass類も、特殊なのを除けば楽器用Ampへ繋げられる都合でそう思っときゃ良い。

厄介なのは鍵盤系で、特に所謂マルチキーボーダーの方はロー・ハイ両方のの常備が必須だ。
奏者的には鍵盤のタッチとか機能の違い程度に感じられるが、機械的には異常に巾が広いんですよ。

中でも電気楽器系のがややこしく、設計時期等で「繋ぐ相手」の想定が違ってたりするからね。
例えばもう全く作られなくなって久しいけど、YAMAHAのCPシリーズ(エレアコ方式の)みたいなのはそんなにローインピにはなって無い癖に繋ぐ相手はハイのの想定になってない。

Fender Rhodes等の所謂エレピは真空管Guitar Ampに繋いだって何とかなるが、CPでそれをしちまうと本来の音色は殆ど得られなくなる。
要はエレアコタイプだからなんだろうが、エレアコでもGuitarのだったらGuitar Ampへ繋がれる想定が殆どので一応はされてるんだけどね。

音域の広大さや登場時期のPAの様式(鍵盤系はPA出し)もあって、そうしといた方が便利だったんだろう。
かなりカビ臭い余談になるがそんな中Nena(Band)のヒット曲のシンセが、Ampに繋いだ様な音にしてあったのがその当時は一寸斬新だった。

尤もかなりLo-Fiになっても珍しゃOKと考えての事かどうかは知らんが、鍵盤奏者の一存で選択出来る様な代物じゃ無かったよ。
今時先ずそんなお間抜けさんは居ないとは思うが、知らず考えずに不一致ケーブルを使ってるせいで「アイツはロクな音がしない」なんて思われてたら不幸ですわよ。

<つづく>

2022年1月19日 (水)

音楽備忘録888 録音でのプロとアマの違い⑨

既に色々記した後でとは正に杜撰だが、プロとアマの最大差は手早さなのを思い出したので○×△□…。
世間的印象では「このアルバムには3年も掛りました」なんて方が印象深いが、単に弾く・録る・混ぜる等にそんなに時間を掛けたりゃ先ずしてねんだ。

って今一承服し兼ねるとしたら少なくとも必要とあらば、幾らの準備も無く何時でも手早く水準に達したのを提供出来るって言うべきかな。
以前にごく普通の生活をし乍ら全く普通じゃない音を継続的に出せるとも記したと思うんだけど、↑が会得出来てないと安定した活動なんて続けられないんだす。

その最大要因はやはり期限でして、ビジネスとして自分達以外の人のお世話にもなる以上は決め事はどうしたって必要なので御座居ます。
ベテランの大御所ともなりゃ傍目には全く自由に振舞える様に見えたりするが、会社の稼ぎ頭になると社員の給料を確実に捻り出さなきゃなんないす。

すると新作を出せないならその分Liveを演るとか、各種イベントその他へその分沢山参加するとかしなきゃなんないす。
そりゃ契約内容次第では「出来たら持ってくだけ」なんてのも皆無じゃ無いが、それが可能なのは他に充分な資金源なり別事業をやれてたらの話し。

それ以前に既に大御所になられてるなら兎も角歴だけ長くたって俺みたいな末端君では、仕事単価がひもじいんでそんな呑気にやるのは全くの無理ゲーでごわす。
或は歴が浅いとやはり実績の蓄積量に乏しいんで、発注側は万一駄目だった際のマージンを多目に確保しときたい。

これ等事情から理想はクウォリティの高さ一点なんだけど、現実的には期限尊守とか急に頼んでも待たされずにこなしてくれるって方が優先になってんだわ。
若い頃は「大きな間違いさえ無きゃどうでもいいからサッサと終わらせて」なんてのには、強烈な抵抗感と尊厳の侵害を覚えたもんだがね。

今 時を経て冷静に分析するとそんな言い草は不適切だが、1つ演るのに時間が掛かればその分演り直す時間が減ったり出来なくなったりするんだよね。
どんなにポテンシャルがあったって完成に漕ぎ付けられんと、その一端を世間に知って貰うのすら出来ない。

なので上手く行けばベストってより、下手してもベターが先に必要になっちゃうんだ。
だからってベターだけで満足しちゃったら伸びしろがあってもそれを刈っちゃうから不味いけど、プロになれるのと上手なプロになるのは一寸別って事なんすよ。

又人間が日常的にやってくとなると体調やバイオリズムに波があるのが普通なんで、言うなれば「氷山の一角だけで飯が食える」状態の構築が必要と。
この件で私的には注意すべきと思うのは、ミスっても平気なLive時と正規録音で差があり過ぎたら美味しくないって処かな。

俺知りでこれを正攻法で最も上手くやってのけたのがBeatlesで、性悪政府に騙され切って修正しまくる何処ぞの国の今とは正反対でごわす。
曲を聴かせるのに無問題だったら敢えて直せるのをそのままにしといた体で、仕事をよりやり易くする為に余計なハードルを上げない為の作戦だったとも言えるんじゃないかな。

一方で当時対極にあったのがThe Monkees、ファンのキッズ達にはバレない程度にアテ振り(但し楽器のみ)。
だが今の口パクラーとは別物で元はTV番組の役者としてだけの登用にも拘らず、半分は歌手等のタレント残り半分はミュージシャンとして既にプロデビュー済みの人達だった。

今みたいなバーチャル加工が不可な当時としてはそれだって立派な紛い物!?ではあったが、歌は丸々本物だし一寸だけ弾いて見せる位は朝飯前だった訳だ。
素人に対してはハイパー加工があるとどんな偽物でも構わんかもだが、業界内→舞台裏の時点では今だって「加工前」しか無いんだからやっぱりマージンが要るのはホントは変わって無い筈なんだけど…。

<つづく>

2022年1月18日 (火)

音楽備忘録887 RockのスタンダードⅡ➐

今日は一応「歌物Rock」に絞っとくが、Snare音色とバスドラのフレーズについてだ。
元は個人の趣味性から気になり出した本件だが、近年本邦でその利点迄軽視され過ぎてるのに抗いたくなっての投稿だす。

俺言い「無為なドンパン節」(つまり意図してそれが成立してるのは除く)だと音色アピール位しか余地が無くなるから、Snareを中心により目立たせたいって心理が働いても仕方無かろう。
単に流行りだとかそんな程度の事かも知んないがそんなんするより前に、RockとJazzやClassicとの違いを気にして欲しいんだ。

それは奏でられる音量とか強さの割合で、Snareって弱く鳴らせば響線(スナッピー)主体の音になるのは今昔やジャンルの影響と無関係だ。
なのでフルストローク頻度が低ければどんなに派手な音色設定をしといたって、実際に悪目立ちする部分は限定的になるだす。

ってのの裏を返しゃ歌物でバンバン沢山フルで叩くなら、目立たせ過ぎはお邪魔虫となり兼ねないのをもっと考えなきゃね。
一方でこれが第2のポイントになるが、ほぼどんな歌とでも音域の全く違うバスドラならもっと沢山鳴らしたって↑の心配は僅少だ。

これに着目した最初が個人的にはRingo氏辺りと感じられ、それ迄の「小細工するなら手が中心」から脱却したのもRock固有の特徴じゃないかと思ってんだ。
Beatlesはシンプルとずっと思ってて間違いでは無かったけど、後になってメジャーデビュー寸前の音源が聴けた時かなり違和感を覚えた。

少なくとも当時のポピュラー系としては音数は多くアンサンブルも複雑で、それを直後のLove Me Doでは極限迄単純化させてたんだね。
どうやら「盛り過ぎて失敗」かと自己反省でもしたらしく、若造の想い付きによる安直な盛りへ一遍リセット掛けたんだな。

誰だって何かやっと出来る様になったら早速使いたくなるもんで、成長期にはどんな分野でも起こりがちな現象ですわ。
処でバスドラだって音量的にはアンサンブル内で最大になってんのが多いんだから、下手に乱打すりゃ邪魔になるんじゃって疑問にお答えしときますね。

確かに曲やフレーズと合致させてなかったらその懸念はビンゴだが、他ジャンル比だとRockだったら最もそうなり難い背景ってのがあるんすよ。
それは伴奏の音域が低い方へ偏寄してる処で、低音域だからこそ少々乱暴にガンガン鳴らしてても何とか人が堪えられるんだす。

音のエネルギー量は音程の低いの程大きいんで「運動会の次の日の筋肉痛」みたいな疲労感は拭えんが、黒板やガラスを擦った「キ~」みたいに一瞬たりとも我慢してらんないのとは質が違うでしょ。
より聴者への低負荷が求められるPops等よりゃこの許容値が高く取れるのからすると、差し詰めハロウィンの日は普段より変態扱いされずに済むコスプレイヤみたいなもんなのよ。

まあだからって素質的に足より手が得意なのを無理に曲げたりゃせんでええけど、それならせめて手が悪目立ちしない様な配慮位はしといて欲しいんよ。
それと内容は次回へ譲るけど録音の仕方とも密接な関係があって、On Mic収録って現場人耳平均より余韻が長く大きく録れちゃうもんだかんね。

バスドラだってノーミュートでオープン踏みがデフォのジャンルだったら、やたらドカドカしたら訳分んなくなるけどさ。
とどのつまりは単にバランスの問題ってだけなんだがね。

<つづく>

2022年1月15日 (土)

音楽備忘録884 録音でのプロとアマの違い⑧

オッサンしつこく球球言いはるけど明瞭度一択にそんなの要らへんなアナタ、結構そうでも無いから執拗に吠えてるのに気付いとくんなはれ。
これ確かにパート別単独で聴けばそう感じても仕方無いんだけど、アンサンブル全体で聴くと俺言い「忖度戦法」には絶大な副作用があるんでおま。

俺忌避「現代本邦劣化J-POP」で不毛の音圧競争に陥ったのにも大いに絡んでて、↑の忖度戦法は他の犠牲の上にしか成り立たない明瞭度だからなんス。
古い録音の程コピーとかの為に聴き取りするのには難儀させられがちだが、実は近年本邦のでも案外よく分からない箇所ってあったりするぞ。

ではこの件の分析を進めてくがそうなるのが昔のは主に記録洩れで、例えば非BrightなBassのローエンドがあまりにも生より拾えなかった等に起因してるのが多い。
コレ明瞭度の基準が現代と異なるのも要注意で、かつてはどのパートにも所謂「エッジ」が求められたりなんてして無かったんだ。(そもそも充分に記録・再生するのが不可能だった)

音響関係全般が未発達だとなりゃどの段階どの方法でも、先ず瞬間的な音はそのままは扱えない。
それが録音に限らず生演奏ではもっと顕著になってた訳だから、もしかしたら60年以上前の世界へタイムスリップしたら皆から「音のエッジって何?」って不思議がられるかも知れんよ。

特に生楽器では無響室で至近で耳にする以外、現代的な録音物でのエッジ音に近いのを聴くのすら不可能だから。
つまり極論しちまうと「現代的エッジ音」ってな一種の捏造物とも看做せ、今だってそれ用の少し特殊な手段を使わなければ実在しない存在なんすよ。

そりゃ「浮気は文化だ」みたいな観点に立ちゃ盛り文化の1つではあるんだが、デジタル合成等抜きだとアニメ化は可能でも実写化は無理な映像世界みたいなもんなんよ。
さてではこの時点で敢えて盛り文化発祥の謎!?へ迫ってみると、結局はリアルにだけあってバーチャルでは得られない弱点の補填なんだわ。

んわ兎も角ではエッジ以外に分別要素が無いのかったら全然で、寧ろエッジが提供出来る要素って殆ど発音タイミングだけなんだよねぇ。
共通最大の分別要素ったら何たって音域に敵う物は無く、しかし近接してたり被ってると効果が薄れたりするけどね。

キリが無くなるから本題へ戻すが、そんなだからBassだったら必然的に先ず低域の状態をコントロールしようと思う人が主流になんねん。
これへ人間味溢れるエゴ!?も追加してやりゃ、何しろBassでは低域に最も敵が少ないしね。

現実的には周囲音質の変化からも高域は無視出来難いが、優先順位は不変のままと感じている。
私感としては顔立ちみたいなのはエッジ音の方が貢献してくれるが、「居るか居ないか」では低域に支配されている。

「エレキBassはどれだ?」と探せばエッジ音が無いと見付けにくいが、「ルート音は何?」って聴き方をすると少なくとも「低域の予想が付く」音が入って無いと分からなくなる。
差し詰め個人の特定とアンサンブルとしての配役のどっちを優先するかみたいなもんで、最近のは誰が何を奏でてるかに拘り過ぎてるのかも知れない。

Cymbal等の元から高域主体系のと比べると、所詮Bassなんて音色的には目立ち難い存在なんだ。
だから個性も単体音色より先に内容に求めるのが相応しいし、その方が効果的なんすよ。

強いて他の解決策を挙げとくとすれば、他パートの低音過多を駆逐する事かな。
単体聴きするとローもハイも忌憚なくワイドレンジな方が美麗だが、実際にアンサンブルになるとその全部なんて聴こえなくなってんだ。

流石に私的には’70~’80年代のLAサウンドみたいに低域を必要最低限迄絞る気にはなれないけど、高域だってそうだが楽器が一定数を超えると全員常時主役ってのは無理がある。
こんなの他力本願みたいで情けなっぽいが、アンサンブル全体のバランスの為には元々必要且つ重要な視点なんすよ。

<つづく>

2022年1月14日 (金)

音楽備忘録883 RockのスタンダードⅡ➏

では前回の続きだが最後部のボヤキを、より分かり易く変換するのから行ってみよう。
私感ではあるがDrummerって内容がキャッチーな人が、
他パートの人と比べると 割合が少ないなとずっと感じてたんだ。

特に小編成だとDrumのみが殆ど音程を扱わない特殊性からかもだが、確かに安易にキャッチーさへ振ると他のよりチープで浅はかな雰囲気に陥り易い。
俺自身Drummer耳の成長するにつれ、昔評価してたのの中に今だと稚拙さを感じる様になったのが出て来たりもしている。

しかしこう云うのってその世界固有の価値観に過ぎず、アンサンブル全体の観点からすると一種のナルシズムとなり兼ねないんだ。
お前兼業だからそこだけの評価が低目でも耐えられるんだろう、こっちはコレしか無いんだからそれじゃ困るんだって?。

確かに特に日本じゃそんな側面は無視出来ないが、表面上深みには優っててもそっちへ振った時の副作用への認識不足は大問題でもっと深刻なんすよ。
独自性とか個性の生成にはベーシックが複雑なの程不利で、どうしたって柔軟に弄れる箇所が減るからなんだ。

にも拘わらす何故技術至上主義みたいになってるかったら、一時期わが国は世界一の工業国だったからなのかな。
世間の関心事で新しくて高度な技術で儲かったみたいなのが主流になってると、音楽だってそんな部分の目立つのの方がウケが良かっただろうからね。

けどポピュラーミュージックってな系統的には「アイデア商品」方面の代物で、本質的にはこんなのとは逆の面に優れててそこがウケないと仕方ないもんなのよ。
極論しちゃえば「幾らでも平気でバカのフリが出来る人」にしか、Rockをやれる資格が無いとでも言っちまおうか。

この件の象徴としてもCharlie Watts氏の本邦での誤評価は致命傷で、彼はプロのJazz Drummerとして最低でも平均以上の技術を持っていた処だ。
Ringo Starr,Al Jackson Jr.,Mel Taylor他も完全にこの口で、実は技に余裕があったから思い切って切り捨てる事が出来た人達だったんよ。

コレ単純でテクレベルは低目のフレーズでもその精度を突詰めようとすると氷解して来るんだが、16分音符が叩けん奴だと正確な8分音符は叩け辛いとかに表れてんだ。
単なる練度とかより分解能が高かったら、ズレた際にそれがいとも簡単に分かっちゃうでしょ。

人間シーケンサの分解能が8だと今のと次ののどっちに近いかで判定が下されるんで、16分音符1個分にギリギリ満たなかったらセーフになっちまう。
だがもし脳内カウントが無意識下で32分音符だったりしたら、どんなにいい加減に取り組んでたって32分音符未満のズレじゃないと認可が自然と降りなくなるやん。

コレⅡで例えば16Beatの曲で正確な4分音符を叩こうとすると分かる筈なんだが、叩くのは4分でも脳内カウントは最低で16分にしとかないと合せるのエライ大変やでぇ。
つまり肉体的には細かく多く鳴らす方が負担が多いが、どのタイミングで鳴らせば良いかに関しては真逆になってんだよね。

↑で挙げた中でRingoは特にガードが堅くて!?未だに尻尾を全く出してくれんが、その正確さからすれば少なくとも頭は超ハイレベルできっと前か後ろかどの位どっちにズレたか常に認知出来てるんだと思うんだ。
又この件は誰かがとても細かい音符を弾いてるのとどれ位余裕でシンクロさせられてるかに表れるから、オーディション時等にはそれで判断を付けられるよ。

斯様に素人考えだと耳に単純な程演り易そうに感じられるが、実際にはシンプルにする方が大変な事も少なくないんだ。
他パートでも限られた音数で魅力を出すのに腐心する事があるが、Drumの場合はそれ処じゃ無かったんっすよ。

<つづく>

2022年1月10日 (月)

音楽備忘録879 RockのスタンダードⅡ➎

続いてRock Drumのスタンダードへ進めてくが、昔に比べると多様化した分選定に異論が出易くなってそうだ。
テクレベルは連綿と向上してってるがポピュラリティを考慮すると、実用度の高い新技は随分少なくなって来てると思うんだ。

なるべくシンプルじゃなきゃイカンとなると、今後活路を見いだせるのはより「何処をどう抜くか」みたいなのが鍵になりそう。
だがそれすらCharlie Watts氏やAC/DCのPhil Rudd氏等が古くからやってるし、近年のRingoみたいに個性の発揮はオカズ(Fill-In)限定ってのも俺にはつまらない。

これって根底にはどんな段階のを個性と考えるかにも依るもんで、ポピュラー系の殆どので頭(1拍目)のバスドラと裏(2,4拍目)のSnareは省けん方が多いわね。
そもそも違う楽器に聴こえた方が良い時だって少ないしで、誰かと被ったり似た部分があるのを全て排除しようって方が無理な相談だ。

しかし半分は私的乍ら俺忌み嫌いの「ドンパン節」がこうも横行するのは考えもので、かつてDiscoが流行った時って他がどれも以前より複雑化したのが殆どだったって背景があったのを忘れてんじゃねっと。
しかもDiscoの中で主流を占めたのはフル編成のゴージャスアンサンブルで、昨今みたいな「引き算主体」だった訳じゃ無いんだよね。

ポピュラー系でも売上げから録音予算が増大し、それ迄やりたくても出来なかったのが可能になったのもあるしさ。
それが後に電子楽器の発達で形だけにしても低予算・少人数でも可能化し、現在はこれも珍しく無くなったんでブームはスッカリ鎮火したって処かねぇ。

それだって録音ハードルの低下からシンプル系のでも、過去比だとオーバーダヴは倍増位にはなってる感じだ。
そんなら太鼓はシンプルなだけだって良いやんってのは早計で、割と一杯重ねてあるったって太鼓のオーバーダヴは随分めっきりされなくなってんだぜ。

Rock系だと小編成のではRingoが大々的にやりだして以降、特に米では最初からグループの編成がツインドラムなんてのに迄発展。
その後これはほぼ消滅したがDance系の台頭もあって、Rock系としてはパーカッションも入ってるのはかなり増えたって実感があるよ。

Bassにしてもどんどん高度・複雑化したのが一旦ルート弾きへ回帰したのだって、Synthe Bass等との併用が大いに関係してたんよ。
なのでこれ等からするとシンプル系でも音が増えたってもそれが殆ど上物だけなんだから、リズム隊を淡泊にし過ぎるのって考えが足りないとしか思えないんだ。

これを何時もの変態比喩へ持ってくと華奢なのに胸だけ豊かな少女ってなもんで、個人的には現在そんなのが好みではありまするが…。
けど誰が見てもセクシーってのにはそれじゃ不足で、引っ込むべき所・出るべき所全てがそうなってないと「相手を選ぶ」魅力になっちゃうよね。

それが具現化したのって例えば曲も歌も良いんだけど、リズム隊が予定調和的だから飽きるんだとかそんなのにわざわざしちゃうって事なんじゃないかな。
それと概略としはシンプルっても長く生き残ってるのって、量的には僅少でも他で見つからない何かも入ってるのが殆どなんだ。

寧ろそうなった経緯としては例えささやかでも、これさえ手に入りゃもう他は無くても良いやってなったのが多かったんじゃないかな。
Ringo以前のポピュラー系Drumを聴いてみるとこれが良く分かるんだが、基本は単調でも随分小技は雑多に入れられてたんだよね。

その結果Drummerとしては有名でも、Ringo等以前にRock系として高名なDrummerって居なかったぞ。
今だって他パートと比べると内容でなったスターが少な目なのは何時も気になってるが、どうも楽器の性質からそう云う発想がし辛い様ではあるんだけど
さ。

<つづく>

2022年1月 9日 (日)

音楽備忘録878 ケーブルの話し①

ケーブルについては以前から極チラホラとは触れてたが、この機に少し纏めて記しとこう。
一般的には1に伝送性能2に純粋な耐久性が語られてるが、ここでは敢えてそれ以外のを中心にお贈りしよう。

実用上は用途次第で最重要ポイントは結構変動するもんで、↑の一般論には実使用状況の加味が以前から不足がちと感じてたんだ。
では規格や性能が最重要なのから始めるが、やはり電灯線電力供給や球などの高圧の場合は耐圧や電流容量が何より肝心だ。

近年だと例えば医療用グレード等のが持て囃されてるが、否定こそせぬがコレ真価を発揮させるにはGrand(アース)が独立した3極接続が必要なんだ。
しかも見えてる所だけがなってるんじゃ全然役不足で、Grandラインの末端はホントに地面に埋めてあるアースなのが望ましい。

なのでそれ以外の設備環境下では耐圧と耐電流容量に余裕を持たせる方が有力で、踏まれたりし易い場所ではそれ等への耐性に余裕のある方が実効性が高くなるんだ。
但し余裕があればどんなオーバースペックでも良いかっつうと確かに電気的だけならそれでOKだが、丈夫過ぎるケーブルがもたらす災厄もバカにならんのです。

電線は太くなる程普通は曲げ難くなるんで、狭い所で鋭角に曲げたい際は太過ぎると却って線にストレスを掛ける事になる。
高ストレス状態になると抵抗値が増加して通常使用時より発熱し易くなるし、屈曲部の内側と外側のR(曲率半径)差が大きくなるんで材自体の劣化も促進するんだす。

それに加えケーブル引っ張られ事故時に、最悪は機器本体が凄い勢いで飛んでったりもし兼ねないから危ないよ。
普通なら切れると困るし危険だけど他との優先度の問題で、どうあっても全く切れない抜けないのが常に良い訳じゃ御座んせんのどす。

比較的近年の体験実例で電源ケーブルでは無かったが、恐らく丈夫過ぎるケーブルのせいで破壊されたエレキのJackプレートの修理ってのがあったんだ。
物はGibson Les PaulのでJackプレートとかのネジ穴がバカになったのなら過去に幾らでもあったけど、木部から割れ欠けしてたのはかなり長く携わって来て全くのお初だっただす。

この手のは誰かにシールド踏まれてるor引っ掛ってる→気付かず動いて等で発症するが、その際ネジ穴と同時にプラグも折れ曲がったりするのが普通ね。(いみじくもついこないだやっちまった😢)
それが主さんは非常識な程の極太線+屈強Plugのシールドを繋いでたらしく、どうやら力の掛かった向きが不運でボディ破壊に至ったらしいんだ。

ほぼ無傷だったシールド!!の価格も¥数万だそうだが、本体が限定生産のだったからそっちの破壊の方が経済的にも大打撃。
大事な本番で抜けたり切れたりでのパフォーマンス中断は敵わんが、ケーブルだけで済む様にしてあればスペア交換で即復帰出来る。

だがこの様な破損はその場で必要なだけの応急措置を講じるのは困難なんで、要は乗り物の「クラッシャブルゾーン」の様な思想が必要って事なんす。
近年はこんなのも含めて制定したのか新規製品では、機器本体側にもPC電源ユニットに付いてるのと同じソケットのあるのが定番になってるよね。

収納時や搬送時のケーブル破損防止と、より本体を尊守するには適した方式だ。
けれど接触不良を起こす可能性のある個所を増やしてしまってはいるので、中々全部が都合良くとは行ってくれない。

がハンダや電気の専門スキル不要で、同一汎用規格のケーブルの予備さえ持っとけば交換するだけで多くのトラブルを一気に解消出来るだす。
今回の電力系では性能不足は即事故に繋がるからご法度だけど、つつがなく実用に供せなくてはどんな高性能も無効化しますん。

<つづく>

2022年1月 6日 (木)

音楽備忘録875 RockのスタンダードⅡ➍

続いてスラップの参考例へ言及してくが、狭義でRockらしさに拘ると該当無しでも仕方無い
Rockらしさの不足ってよりゃ、何せFunkyさが絶大なんでね。

それとRockへの導入初期には、プルの方ばっか取入れられたのにも関係があったと考えている。
俺自身ピックを持ったままでは試行錯誤を続けてるが、未だサムピングの方は上手く演れた事が無いしねえ。

当時流行に沿わすのに必然的にそうなってただけなんだが、Rockらしさっつうとスラップの中ではサムピングの方が実は適性があったんだよ。
それに俺が気付かされたのが今日の例示曲、PrinceのBambi(’79)って曲だった。

’80年代初頭に「ハコバン」のデモテープを作る際その仲間から紹介されたんだが、この仲間自身はCharが早期にカバーしてたのから知ったんだろうか。
彼は畠山修一(通称:カメ)って奴で惜しくも40代半ばで急逝しちまったが、金子マリの従兄で一時期Charの弟子だったんだ。

それと「ハコバン」にも今や翻訳が必要そうなんで付記しとくと、要は飲食店等のBGMとしての「継続的雇われBand」の事を当時業界内ではそう呼ばれてたんだ。
私的にはその時のメンツが生まれて初めて自身も含め「全員プロ」だったのに、店側の事情で仕事としては流れちゃったんだけどさ。

戯言はこん位で何故「サムピング主体なら意外とRock向き」の本題へ進めるが、プル程目立ち過ぎんのと連続させ易いってのがミソみたいなんだ。
今となってはPrinceってMichael Jacksonのライバル扱いで只のポピュラーの大御所だが、元々はミネアポリス・サウンドって当時のFunkの最新バリエーションの創始者なんだ。

Michael君はRock化に際し作曲法等はMcCartney氏等から教わり奏者も変えるので対処してたが、殿下(Prince)の方は当時は完全自前だからそうは行けない。
だが持てる才能をフルに発揮して楽器や奏法はFunkのと特には変えず、私的にはジミヘンよりバンヘイレンに近いHardさを作るのに成功してたと感じてるんだ。

先ずHard Rock化には通常ならハムバッキングPUと壁Marshallが要るのを、H.S.AndersonのMadcatって日本製カスタムテレキャスとFuzzで賄っちまった。
Bassにしてもピックはおろか普通の指弾きすらこの曲では避け、スラップではあるが俺耳では初な位サムピングをやたらに沢山用いてクリアしてたんだ。

歌については俺称「プリンスシャウト」ってこれを耳にする以前から、実はFunkよりRock向きだと思ってたけどね。
因みにこれはファルセット(裏声)でAccent部だけ深く歪ませる(人力オンリー!!)もので、意図的裏声シャウトの開祖としては俺知りだとIan Gillanが該当してて丸っきりHard系だわさ。

これはこれで実に素晴らしくはあるんだが↑の如くかなり特殊スキルを色々要すんで、とてもじゃないが大多数になんかお薦め出来ねんだわさ。
この時点で是非とも皆に再考願いたいのは、殿下本人だったら普通のやり方でも幾らでも多分行けるんだろうって処。

Funkの人がこんなにHard Rockしてたら何か痛快そうだし、今迄居なさそうだからやってみっべってな感じだったんじゃないのかな。
自身のルーツを敢えて滲ませるのも他人と違う方法を選んだのも、全ては殿下なりのオリジナリティの為とね。

ってかそもそもこの時点で、Rockにとっても詳しかったからこそ可能だったんじゃん。
裏技ってな表をマスターしてればこそ発動出来るもんで、残念だが裏から入って表を会得しようったってそりゃ虫が良過ぎるってもんですぜ旦那。

<つづく>

2022年1月 5日 (水)

音楽備忘録874 Mic関係の色んな思い込み!?⓫

今日から暫く人の口とMicとの距離に言及するが、角度も含めこれ次第でもかなり音は変るもんだ。
けど背景音より声が小さ目だと、音色以前の問題となってしまうのが一寸悩ましいかも知れない。

と云う事で先に必要音の充分な収音の方から行っとくと、目的以外の音の混入軽減には極限迄近付けるのが最も有効だし必須だ。
狭隘な環境だったり弾き語り等の都合で他音源から充分な距離が取れない場合も少なくないんで、兎に角聴こえる様にするには他に方法は無い。

それには貼り付いても吹かれない(厳密には影響が少ない)Micが要り、それもあってShure SM58が未だ絶対的な主役の座に君臨している。
だが少なくとも本邦で意外と知られていないのがここではお馴染み設計想定距離で、実は開発当時の状況等から後発のAUDIXとかのより遠目になってるんだ。

なので結果オーライになってる人は構わんだろうが設計より近付けて使ってると、近接効果が発動して現実より低音が増えたりしてる公算が高いのだ。
この件で個人的に近年とても気になるのが、汎用性と耐久性優先で語りに迄安易に58タイプが使われてる件。

近年本邦では語りと歌唱の発声・発音・口の開き方等残念乍らあべこべや出鱈目になってるのが少なくないが、そうなってると更に余計にMicで低音が強調され易い。
これ平成以降に生まれた方には分からなさそうだが、On Micになったり先ず絶叫なんてされない場面なら元々は58タイプなんて使ってなかったんだ。

昔のだと業務用Mixer卓でもフィルタやEQが付いて無いのも多かったのもだが、処理を失念しても不具合が出ないのは語りならそれ用のMicなのは今だって変わりない。
ポピュラー音楽系ではそこ迄顕著には出ないものの、内気なウィスパーボイスのアイドルに迄ゴツくて重めの58をあてがうなんてどうも無粋でいけねえや。

ってもどうせ年寄りの時代遅れの遠吠えとして処理されるんだろうが、そんな現象が起きてるのだけは知ってて損はおまへん。
手前味噌例だと俺は決してブライトな声では無いんでもし子音の聴き取りが今一だったら、環境的に許されるなら最近は敢えて少し離れる様にしたりしてるよ。

或は声の細さで苦労してる人でもし貼り付いては居ないなら、近付ける事で少しは太さを補えたりもする。
尤も体験的には大体↑は逆になってるケースが多かって、距離や角度を研究するよりMicの機種変に走る方が多いみたいなんだけどね。

Micは勿論方式や機種でもかなり色々違いはあって、現代ではスピーカ等を凌いで最も個性がハッキリしてる物になってるかも知れない。
だがそれ以上に一寸した距離や角度の違いで激変するのの方が強烈で、けど殆どのでその変化の少ない範囲と広い範囲の両方が共存してるのが少々面倒なんだ。

但し傾向が無いでもなく設計想定ドンピシャで使ってると変化僅少、そうじゃ無い時に変化が出易いのが多いのは確か。
コレ裏を返せば設計想定通りに使えば安定してるって訳で、音色の好みがあっても使い方が凡例のとかなり違う場合は好みの音色にはなってくれ難いとも申せる。

何処へ行っても勝手が分かる・何時もの音って便利さでは58普及のご利益は大きいが、Shure自体ですら同じ用途ので何故依然他機種もしてるかに少しは気付いて頂きたい。
それと「選べる時は58じゃ無い」達人が結構少なくないのへもご注目で、例えばPhil Collinsなんて随分長らくLiveでも何とbeyerdynamicのリボンタイプのを使ってたな。(多分M160)

<つづく>

2022年1月 2日 (日)

音楽備忘録871 RockのスタンダードⅡ➌

Bassらしさにシンプルさだけを求めてる人には理解し辛いかもだが、BassでRockらしさを追及するとそんなのとは若干毛色が違うと思うんだ。
コレ単体パートでなくアンサンブル全体で捉えると俄然ハッキリして来るもんで、他パートにだってRockらしさの為には極力シンプルなのが望まれたりするけどねえ。

って事ってRock Bassのネタ元として指弾きは今一お勧めじゃ無いが、その好例にも触れとこう。
少々クドくも不向きの訳を念の為再掲しとくとバカみたいに単純だが、他のジャンルのの方が指だともっと弾き易いからだ。

指弾きに限定するとどうしてもRock固有のフレーズや表現の比率が下がり、最悪勘違いして安易に取り入れたらRockから遠のいたりする事もあるからだ。
それは兎も角指については汎用性の高いのだとBill Wyman辺りが相応しく、BassらしさとRockらしさを共存させてる部分では嚆矢かも知れない。

ライバルのMcCartney氏と比べると、メロとして目立つ様なラインはそんなに使っていない。
だがかと言って他のどんなジャンルでも行ける様なのにはしてなくて、もしかしたらそこが当時の米のRock系のBassistと最も異なっていて力になってたのかな。

現に彼が抜けて以降のサウンドは以前よりありきたりに成り下がっちまってて、まあ多少は聴き手次第なんだだろうけど俺にはBand自体への興味すらパッタリ途絶えちゃったわ。
米のグループと比べるとGuitarが出しゃばり過ぎないStonesだから可能だったとも思え、だからこそBassの担う要素が減った今のに物足りなさを禁じ得ないんだ。

先ず曲を次にせいぜい歌を不動の主役に据えとこうとすると、幾らRockの象徴たるエレキGuitarだって出過ぎた真似はしない方がカッコイイ。
私的にはこの弊害のせいでVan Halen辺りは曲の良さの一般理解が今一とも感じられ、あんな風に弾けさえすりゃ同等に売れると勘違いした連中を未だ生産してる様だ。

そもそもアンサンブルはシンプルになる程「1音の責任」は重くなるが、そうなると「普通のに何か足して」各曲の個性を演出するのは困難になるのよ。
スーツの色や柄を変えるとかツーピースかスリーピースかみたいな細かいんじゃ駄目で、Tシャツジーンズか水着か果ては素っ裸😅か位根本レベルの違いが無いとさ。

それには「常識に縛られ過ぎる」のが最も障害となるんで、時に普通のBassに詳しいのが仇にもなるんすよ。
一々考えなくても行ける方法を知ってるとそれでマイナスが無かったら、わざわざそこへ手を入れようとは思わん人の方が普通は多いっしょ?。

その点Bill WymanはStones初期にはピック弾きが多く、後半には何と親指弾きが多いと弾き方からして柔軟性に富んでいる。
因みに俺知りでは日本じゃいかりや長介氏を除き(失礼:実力を遺憾なく発揮出来る曲にあまり恵まれて無かっただけっぽいが…)親指弾きは少数派だが、米ではThe Marshall Tucker BandのTommy Caldwellは親指オンリーでWyman氏同様Bassらしさと個性が共存してる上に結構攻めた演奏を繰り広げてたね。

Marshall Tuckerでは彼の兄のGuitarのToy Caldwellも基本は親指のみと個性的だが、Country系出身だからかそんなでも恐ろしく速く音数も多目だ。
普通なら他人のをそのままは失敬は出来ないし何かと弾くのが楽じゃ無いから最低限になり易いもんだが、肉体的訓練も要るにしても先ず頭を使わなければならなくなるのが却って良かったのかな。

窮鼠猫を噛むじゃ無いが楽じゃ無いからこそ熟考せざるを得ないのが、フレージングの練度の深さに繋がってる気もするんだ。
必要とあらば畳掛けたりもするけれど、どちらでも良い際に余計な音は鳴らしたく無くなりそうだからさ。

この辺はDrumでもCharlie WattsのSnare Backbeat時のHat抜き等と同様、ベーシックの段階から考え抜いてるんだよね。
因みにⅡで俺は草臥れるから普段親指オンリー弾きはしないけど、するとどんな違いがあるかはそこそこ試して把握してるよ。

ピックではオルタネイト・普通の2本指ではどっちの指かで、かなり追及しても微妙な音色差は残りがち。
なのが「純粋なシングルストローク」では各段にそれが起き難いんで、奏でるのには不利でも音的にそれ以上の利点があるのは知っといた方が良いんじゃないの。

<つづく>

より以前の記事一覧

フォト
2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

最近のコメント