« 音楽備忘録1667 日常生活と音楽活動② | トップページ | 音楽備忘録1669 何はともあれ本物に触れる必然性Ⅲ➎ »

2024年3月10日 (日)

音楽備忘録1668 杜撰大王が過去モノに拘る訳⑥

クドイ念押しになっちまうが一口に過去モノと言っても色々で、時系列的厳密には昨日リリースされたのだってもうプチ過去なのだ。
結局基本は最初は時系列を一々気にせず、聴いてみて興味の湧いたのをもっと聴いてみてるだけなんざます。

故に老害杜撰大王でも偶然気に入ったのが今流行のだったら、稀には暫く嵌って聴き続けるケースもあるだよん。
只惜しむらくは近年現役のでアーティストやアルバム全体がイケるのが先ず無く、飽く迄私感に過ぎないが大き目のブランクが生じてるだよ。

それ等の中には新作が出たら試聴しようと思ってるのもあるんだが、メンバーチェンジしてポイントから外れちまったり活動休止とか解散しちゃうのばっかでさ。
結果日常的に追うとなると、過去作で聴き逃しや聴いた事が無い方が圧倒的にメインになってんだ。

世間の評価は別としてRock系では’73年がピークと感じてるが、当時まだ小坊だったから全然聴きたいだけ聴けてないんだよ。
限られた時間となけなしの予算じゃ王道をなぞるとか、当時既に大のお気に入りなってたの程度で精一杯。

本来ならもう少し周辺のもリアルタイムで試聴したかったけど、色々と忙殺されてる内に還暦を超えちゃったんだ。
これでも今更って気も少しはあるんだが、今際の際にイントロを気に入ってて
もきっと全部は聴けずで悔いが残るかも。

なんて考えると、やっぱり良い物だったらなるべくコンプリートしときたくてね。
なので歴女ならぬ歴音男はおろか全く大したもんじゃなく、唯単に’70年頃から始めたのが未だに追い着けてないだけなんだ。

っても演ったり作る方もとなると聴き専の達人には遠く及ばないし、真のコンプリートなんて日に日に作品数が増えてるんだからどだい無理な相談だ。
だからこそ自分にとって根幹となる様な物位は、なるべく知っ抑えときたいんすよ。

もし現代作品が一番フィットするなら或はコンプリート可能かも知れないけど、それで満足する様なら趣味で奏でる程度でわざわざ命を削って迄作ろうとはしなかったんじゃないかな。(杜撰君の場合に限る)
っと考えると他人からはどう映ろうと、音楽制作に携わってたら多少なりとも「今のじゃない作品」に皆多分触れてるんすわ。

せいぜいそれが目立つか目立たないか位とか、時代性が強く感じられるか感じられないか程度の差だよ。
只あまり抵抗感が無くても発掘が下手だと当りが中々訪れず、砂金採りか油田掘りみたいになって挫折しちゃうのかな。

を逆転発想すれば、ある程度発掘の要領さえ獲得出来りゃ解決する訳だ。
杜撰大王の嗅覚は天然で耳に入れば逃す事が少ないが、この辺に好みがありそうみたいなセンスは残念乍ら持ち合わせが無かった。

そこでレコードヲタの友人から20代の頃に法則みたいなのを教わったんだが、それがスムーズに実行可能になれたのは結構最近なんだ。
だから自身にとっちゃ人生初の挑戦でもあり、そこで何か見つかった作品は俺には真っ新な「新作」なんざます。

=おわり=

« 音楽備忘録1667 日常生活と音楽活動② | トップページ | 音楽備忘録1669 何はともあれ本物に触れる必然性Ⅲ➎ »

文化・芸術」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

ドラム」カテゴリの記事

ギター」カテゴリの記事

ベース」カテゴリの記事

奏法」カテゴリの記事

鍵盤」カテゴリの記事

録音」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 音楽備忘録1667 日常生活と音楽活動② | トップページ | 音楽備忘録1669 何はともあれ本物に触れる必然性Ⅲ➎ »

フォト
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ