« 音楽備忘録1616 適切な帯域制限の苦悩⑨ | トップページ | 音楽備忘録1618 サチュレーションの話し⓯ »

2024年1月19日 (金)

音楽備忘録1617 何はともあれ本物に触れる必然性Ⅱ➋

杜撰大王には才能がある…、ってもやり続けてる内に主に他人から言われただけなのが実態で御座居。
それもかなり歴を重ねてからそうかもと思える様になったのとか、もしかしたら未だにおだての受け売りをしてるのもあるやも知れず。

ってな具合にもう生れてからより死期の方が多分近いっつうのに、自身の事ですら未明なのが少なくないんだ。
その中でこのテーマに関わるのは、飽く迄俺の場合だが50を過ぎてやっと気付け出したヤツだ。

つまりそれ迄は貧都合でお古を使い続けてただけで、本当の処はハッキリとは分かってなかったんよ。
それで思うのが少し個性的な楽器を常用してた点で、もっと標準的なので捏ね繰り回してたら少し気付きが早く訪れてたかも知れない処。

エレキGuitarでSingle Coilなら魔改Mustangじゃなくテレキャスやストラト、ハムバッカーならSGじゃなくLes Paulか335だったらさ。
どれも短期なら借りた事はあったが、その間に自分が気紛れで思い付きそうなのを全部試すのは無理ってもんだ。

でも1つだけ恵まれてたとしたら、上記のどれも本家のに触れられた事かな。
当然偽物や他のにもベテランなんで沢山触れて来たけど、FenderやGibsonのブランド自体の個性は何となく掴めたんだ。

歴の浅い人や若い世代には半ば神話紛いかも知れないけど、その主因はブランド力の失墜にある。
要するに見かけは立派・前のよりか高機能にはしてても、昔よりテキトーなのも大部作る様になっちゃったから。

しかしそれに釣られて、こっちの基礎知識を曲げる必要なんて全く無いんだよ。
迂闊にそんな事すりゃ益々堕落した本家共が図に乗って…とは限らんが、ユーザーの目が甘くなればあちらは商売だから当然隙位は突いて来るさね。

これに関し昔より遥かに厄介になったのが、本家の凋落と後に続く分家等との差が縮小した事だ。
杜撰大王が始めた頃は幼稚なオモチャみたいなのが、まだ名のあるデパートに出店してた是又名のある楽器店でも平気で売られてたんだ。

その結果未体験無知識の俺は見事にバッタもんを掴まされちまったが、一寸凝視すりゃド素人でも即座に分かる位見た目からして全くの違いがあったんだ。
騙された方としてはちっともいい気はしないものの、取敢えず何か「エレキGuitarみたいな物」が欲しかっただけだったからね。

要するにヤクザと銀行マンの差があらゆる点で歴然としてたみたいなもんだったんだが、今はこれ位投資すれば大丈夫だろうなんてのがアッサリ裏切られちゃう様に変わってるんだ。
例えばかつては本家の利点だった弾き易さにしても、真価を発揮するのは本当に厳しい場面での弾き易さなんだ。

パッと触れただけだったら今はもっと好感触のが増えてて、けれど本番での最難関箇所でロクに助力にならなかったりしちゃうんだよ。
上級者が狡猾で実践的な試奏でもしてみないと、そんなのは中々ハッキリとは出てくれない。

勿論用途や目的次第で特定のにだけもっと良いのが今はあったりするが、そんなのを基準にしちまうと特定ジャンル専用の奏者にしかなれなくなる。
処がズブの素人に演ってる楽器を訊かれてエレキって答えれば、その人達は専門外でも簡単なのだったら当然弾けると思っちまう。

それへホントに例えばMetal以外出来ないんだと正直に吐露しても、「Guitarが弾けるのにケチって他のは演ってくれない」なんて思い込まれるよ。
時にはそんな一般社会の認識っつうのも意味大アリで、ジャンルや奏法より楽器種の方が先にあるんですよ。

-続々々-

« 音楽備忘録1616 適切な帯域制限の苦悩⑨ | トップページ | 音楽備忘録1618 サチュレーションの話し⓯ »

ギター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 音楽備忘録1616 適切な帯域制限の苦悩⑨ | トップページ | 音楽備忘録1618 サチュレーションの話し⓯ »

フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ