« 音楽備忘録1606 サチュレーションの話し⓭ | トップページ | 音楽備忘録1608 適切な帯域制限の苦悩⑦ »

2024年1月 9日 (火)

音楽備忘録1607 古典楽器の恐るべき隠れた実力⑥

杜撰大王にとって今時点でのビンテージは、長い事続けてれば稀にある幸運な出会いって感じ。
なので1923年製Ludwig AllBrass Snareに関する話は、今回で幕にします。

上述の状況なんで果たして次が何時になるか、これで打ち止めになってしまうかは皆目検討もつかんどす。
けれど丸100年前の楽器から、まさか最新と思える音がしたのは青天の霹靂でごんした。

これでも人生の過半をこっち方面の業界で、広目に渡り歩いて来てまっからねえ。
正直言って「これさえあれば」とは思ったものの、とてもじゃないがそんな大金用立て出来んがな。

ってかそもそも持ち主が売るなんて話しも全然出てないし、ビンテージなら他のも同じ傾向を持ってるとは限らないしね。
只ねこう云うのの存在を知らずに今流行ってるだけで、どうだいこれが最新のサウンドよなんて語ってたらお間抜けだわさ。

この面で日本が苦しいのは先の大戦で色々供出させられたのと、苛烈を極める空襲で焼き尽くされたのが痛い。
俺はたまたま親父が年配だったんで、兵役当時の実状を少しは訊けたってか訊かされたけどさ。

近年Youtubeで来日してた外国人が当時撮像したのなんかを見る迄は、昔から結構何でもあったのが今一信じられなかったよ。
欧州でも空襲はあったんだが日本程丸焼きにされた訳ではないし、洋楽の楽器だと向うは本国だから思いも拠らぬ所に平気で転がってたりがあるんだ。

だから残念だけど進んで歴史を学ぼうとしないと、特に色々なののルーツに遭遇する機会がこっちには無い。
俺自身はすっとドマイナーにしても、途中でそれなりには超有名人や大物との接触が少しはあったんだ。

けど今回みたいな楽器には縁遠いまま過ぎて、還暦過ぎてやっとだからねえ。
でバズ(プッシュ)ロールが「やたらに楽」と書いたが、その度合いも半端無かった。

多分どんな初心者が下手を打っても、ロールに聴こえるだろうって位でな。
過去述「足首でならほぼ誰にも簡単に踏めるSpeedking」じゃないが、こう迄違うと奏法習得や成長過程に大差を生むんじゃないかな。

果てはミュートの仕方からヘッド選択に至る迄、ほぼ全面的な影響が避けられんですぜ。
一寸ローピッチにしてあっただけのへ、一番弱いリングミュートを乗っけただけで俺の理想のサウンドがそこにあったんだ。

普段手持ちの中古402では打面ヘッドがアンバサダーのままでは苦しいし、400等の浅胴(本来は標準)になっても又物足りなくなって更に色々捏ね繰り回して妥協の産物がやっと手に入る。
と云う様な少々アウトローなサウンド趣味の奴が、一発で黙らされるんだからこりゃ堪らんわ。

ほんで↑みたいな高加工を施すと、大抵は弱点が大増強されたり新たなのが増えたりするんすよ。
アンサンブルニーズの都合上サウンドは譲れない→変な欠点が増える→奏法にも何時の間にか偏りが…。

結果決して得意じゃないロールでも、バズは割と得意なのになるべく避ける方向に。
せめて子供や初心者には、幾らなんでももう少し「素直な素性」の楽器に触れさせてあげたいね。

それから「Snareにも中低域は必要」な件、Beatlesの赤盤・青盤(2023リマスター)を聴いてて思う処が出て来た。
ドラム以外の他パートが中域中心の昔なら他とあまり被らんので、Off目収音と相まって高域優先・ノーミュートでも問題無い。

だが現行標準の源となった彼等でも中期以降はそうじゃなくなって、新鮮味だけでなく収音方法が変ればアンサンブルバランス的にも高域過多や余韻過剰は他を阻害するんだ。
周囲パートの1例としてエレキのトレブリー音色、’70年代迄は一部例外を除きLine収音が無かったから今聴くと唯低音の量が極端に少ないだけだったんだよ。

=終た=

« 音楽備忘録1606 サチュレーションの話し⓭ | トップページ | 音楽備忘録1608 適切な帯域制限の苦悩⑦ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

ドラム」カテゴリの記事

ギター」カテゴリの記事

電気」カテゴリの記事

ベース」カテゴリの記事

鍵盤」カテゴリの記事

真空管」カテゴリの記事

録音」カテゴリの記事

Mic」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 音楽備忘録1606 サチュレーションの話し⓭ | トップページ | 音楽備忘録1608 適切な帯域制限の苦悩⑦ »

フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ