« 音楽備忘録1579 オーディオ等のスペック偏重に潜む罠⑭ | トップページ | 音楽備忘録1581 Bassサムピングの私的葛藤➏ »

2023年12月13日 (水)

音楽備忘録1580 Speedkingの安定度➐

電源ドラムのコードみたいに長い〆、続いては3.Slide奏法での現代ペダルとの比較だ。
今迄散々スピキンはSlideに最適と吠えといて、前回初めて不当低速では現ペ君より苦手なる文言が登場したが…。

そうなったのは最速連打には足首DoubleよりSlideが向いてて、杜撰大王のヲタ性も加わって速い方だけを記してたからだ。
特異な状況(過去の俺等)にとっちゃ微妙でもあり、力はそこそこあるが足脚不器用な人にスピキンはどっちらけかも知れない。

DoubleがSlideでしか出来ないとか、Slideを習得中だと万に1つも現ペ君の方が初期段階だけなら早く習得出来る可能性がある。
実際には足首から先の肉体的負担はスピ君の方が断然軽いんだが、兎に角先ず2つ鳴りゃ良いとなれば本来とは一時的にアブノーマル状況になる様だ。

その時期はスピ君を殆ど全く試せなかったんで定かじゃないも、力(本人はスピードのつもり😓)で強引に演るなら現ペ君の方が対応してる。
俺程じゃ無いにしても速度を上げるにも少しは力が必要で、その為コツがハッキリ掴める迄はエイヤッとやりゃどうしたって余計な力は入るもんだ。

極細脚の女性だったらそれでも滅多にオーバーパワーにはならんかもだが、本格的なスポーツ経験者でも無きゃ最初から無駄無く蹴る(踏む)のは大変だ。
けれど現ペ君で一応2つ鳴らせても最悪体を壊すとか俺みたいに適用範囲を誤認するとか、唯出来たから先は急に発展性が低くなるんよ。

つまりこの面でも現ペ君は割と極端な性質を持ってる訳で、ゆくゆくは奏法や練度を選ぶ≒「癖がある」と言わずして何と言うのってな。
今劣化本邦の一般評ではスピ君は癖者とされてるが、実際は以上の顛末から真逆なんすよ。

って俺もある程度使い熟せる様になる迄は、ちっともそう実感出来なかったんだけどね。😅
あとたかがRock内でチラ見せするJazzでも、なるべくなら本格的に出来た方が良いじゃん。

そもそもそんなの挟むのはガラっと場面を変えたくてなんだから、フレーズや奏法だけじゃ無く音色だって大胆変化させたいもんだ。
を逆手に取れば「俺様の足脚自体がRock」とするには、楽器でジャンルが特定出来る様なのじゃ駄目なんだよ。

この点どんなジャンルを演るにも専用の楽器が無かった、RingoやBONZO等の方がそれが出来てたんだ。
そのご利益はっつうとサプライズの飛び入り等で、他人のセットを叩いた際に恐らく歴然と差が出るぞ。

それが達成されてなくてボロが出ると不味いからって、自分専用のセット以外叩きませんとなれば演奏機会がグンと減るでよう。
また外人パワーの真実じゃないけど本チャンで偏った楽器を使ってても、海外の奴等はそれじゃなきゃ出来ないだろうとタカをくくってねえか?。

俺言いRock先進国では歴の古さもあって皆がそんな状況に慣れていて、後進国の劣化本邦とは大いに異なってるのだ。(こんな恥ずかしい思い込みが解消しないから未だに後進国😢)
実際PunkのDrummerでJazz奏法の練習を日課にしてるのなんかが珍しく無く、従兄のX(旧Twitter)にはそんなのがちょくちょく紹介されとるでえ。

=終り=

« 音楽備忘録1579 オーディオ等のスペック偏重に潜む罠⑭ | トップページ | 音楽備忘録1581 Bassサムピングの私的葛藤➏ »

文化・芸術」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

Ludwig Speedking」カテゴリの記事

ドラム」カテゴリの記事

ペダル」カテゴリの記事

奏法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 音楽備忘録1579 オーディオ等のスペック偏重に潜む罠⑭ | トップページ | 音楽備忘録1581 Bassサムピングの私的葛藤➏ »

フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ