« 音楽備忘録1446 杜撰大王式バスドラ安定方法➌ | トップページ | 音楽備忘録1448 音環境の変遷⑦ »

2023年8月 2日 (水)

音楽備忘録1447 代用出来るか否か➎

続いては恐らく代替では最有力のパーカッション行きますが、これは無限の可能性があるんで試すの自体が最早楽しいざんす。
例に依って大して本格的に学びもせずに語るのは何だが、パーカッションの特徴って結構奏法依存度が高いんだ。

当然本物の方が勝ってる部分は多いんだが、見よう見真似程度でも奏法を知らないとかなり無効化しちゃうんすよ。
近年ではこの事実が何故か隠蔽気味だが、かつてはセサミストリートの番組内とかBuddy Richの有名なスティックトリック等で気付いた人がそこそこ居たんだがねえ。

わ兎も角少々乱暴比喩すればトライアングルは鉄棒どうしの衝突音、ウッドブロックとかは木片同士の衝突音でしか所詮は無いのだな。
だから前者は鉄筋の組立て現場で・後者は木造住宅の建築現場で、近似な音が…と迄は流石に滅多に行かないけどさ。

黎明期のチープなサンプラーの音よりゃ、そんなのの方がまだ近かったのも事実で御在居。
んでその証拠には不充分かも知れんけど、実際に昔カウベルの代用で直径30cm位のアルミ鍋を録音に使った事があってん。

杜撰大王ですから悪ノリも全開だったのは否定せんが、そもそもの理由は所望ピッチのカウベルが入手不可だったからなんだ。
当時だってDrummerの従兄が居たから借りれなくは無かったんだが、彼が持ってたのはこっちの好みのより遥かにハイピッチのでさ。

それだと俺の個人スタイルに抵触しちまうんで、少しはどうしたもんかと逡巡したんだ。
今でこそ従兄も中ピッチのを追加購入したから借用可になったけど、当時は色々けし掛けてもローピッチのなんて買う兆候が皆無だったからねえ。(いやいや他力本願過ぎるだろ💦)

常に貧な俺にとっちゃ当面の対策!?として、代案の確立は結構死活問題だったんだ。
その後だいぶ経ってからは純粋なお楽しみ要素のが主体なったが、鋼棒の切れ端から半壊安物Bongoとか録音では色々使ってるよ。

わ兎も角Ⅱで音色や音程以外の理由での代用も案外有用で、それは物次第では収音が大変なのもあるからなんだ。
音量過多若しくは過小等、その時の録音環境とフィットしないのも出て来るんよ。

メインジャンルがLatinのオケとかだったら起らんけど、普段小編成のポピュラー系は太鼓以外は歌唱最大音量に堪え得れば何とか録れちゃうかんね。
私的には太鼓は機械時代がそこそこの期間あったが、そうなると生音収音用のMicだって性能や本数が限られてたりするじゃん。

そすと折角モノホン持って来ても上手く拾えない時も出て来て、散々腐心して本物で行くより却ってバッタもんの方が上手く録れたりするんすよ。
なので最適解を発見するセンスこそが、最良の結果を得る全てなんだわ。

勿論全て本物(奏力含む)でちゃんと拾えりゃ、それに越した事は無いがね。
気にし出すとパーカッションって凄く色々あるんで、その全部を録り迄含めて網羅しようとするとかなり大変なのよ。

=つづく=

« 音楽備忘録1446 杜撰大王式バスドラ安定方法➌ | トップページ | 音楽備忘録1448 音環境の変遷⑦ »

文化・芸術」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

ドラム」カテゴリの記事

奏法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 音楽備忘録1446 杜撰大王式バスドラ安定方法➌ | トップページ | 音楽備忘録1448 音環境の変遷⑦ »

フォト
2024年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ