« 音楽備忘録1432 音環境の変遷③ | トップページ | 音楽備忘録1434 歌唱に纏わるあまり話題に出ない話し »

2023年7月19日 (水)

50歳からのSpeedking(ペダルの話)㊲[1433]

さてSpeedkingでの足首主導の続き、体感的には普通のとどう違うのか記しておこう。
現況中古で構わなきゃ¥1.5万程度から出品があるものの、プチグレードアップされた後継機の新品だと何と¥4万位とバカ高い。

そこで興味はあるが高額で尻込みしてる人をメインターゲットに、買って困らないかを主軸に進めたい。
体感を文章で伝えるんじゃ限界点が低いが、巷で具体的な体感の公表が僅少の様なので挑戦してみっべ。

最初はダイレクトドライブ由来の踏み心地についてだが、筆者が他のダイレクトドライブの体験皆無なので不明じゃ。
っていきなり杜撰だが、遊びがほぼ無い事で衝撃緩和が無いのは他のでも近似なんじゃないかな。

寧ろダイレクトドライブの中では今や恐らく動作自体が
最鷹揚なので、他のより気にならないと想像している。
で全体の作りが今平均のとは絶対的に低精度なんで、いい加減な踏み方をした際の異音・雑音の発症率は高い。

尤もこれは現行標準品でも俺言い初心者忖度設計ので無きゃ、何らかの無駄雑音を出す公算は高い。
でⅡで粗相踏みするとアンダープレートでヒール部が強固に固定されてるの以外、どれでも少し浮き上がってガチャるのは大体同じだ。(何故そんな事を知ってるかは追及禁止ね😅)

但し実用上は現行標準のの方が重量があるので、その分だけ浮き上がり難いってのは多少はあるだろう。
但しⅡで浮き上がらずとも入力ベクトルがズレてたら、他箇所に動作障害が出るか雑音を発する事暫しだよん。

そして過去述の通り最大相違点はバネ弱関連で、これは最強にしても今のどれよりも踏力不要な程軽い。
しかもどのペダルでも打撃点(最も踏み込んだ位置)がバネ力は最強になるが、そこの負荷が圧倒的に軽いのが大きく異なる。

その程度は間違って足が触れた際等に顕著に現われ、僅かに触った・一寸突っついただけで鳴ってしまうのがスピキンだ。(反面だからこそSlide奏法には絶品なのだ)
上記の如くバネ最強点のバネ力が弱いんで、鳴ってしまう前に止ってくれるのが殆ど期待出来ない。

個人的にはリバウンド以外の機械的反力は一定な程良いと思ってるが、今のに慣れてると「行きそうに無いのに行った」となるのも戸惑いの一因なんじゃないかな。
それでいてスピキンは踏む速度や強さにバカ正直に呼応するのが、反応が精密過ぎて「大体一緒、同じ位」にするのにとても神経質にさせられる様な感じを受けるだろう。

それじゃあ不便だろう→ええ不便…確かに単打(特に打面押付け)だったらそんな感じもあるが、高速になって来たり連打になって来るとリバウンドの差で俄然鮮明に「演った事」が分かるんだ。
達人が足と完全一体化する等と語ってたのは多分この感覚を指してて、足とペダルが別々に動いてくれた方が良い人には辛かろう。

って本来そんなの打楽器としては邪道で、南京玉すだれで正確なBeatで叩けって強要される様なもんすよ。
バチ自体は撓り以外は不動だから自在な手加減が可能な訳で、だからほれ見た事かブラシはぐにゃぐにゃする分操縦が大変じゃないさっとね。

<つづく>

« 音楽備忘録1432 音環境の変遷③ | トップページ | 音楽備忘録1434 歌唱に纏わるあまり話題に出ない話し »

文化・芸術」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

Ludwig Speedking」カテゴリの記事

ドラム」カテゴリの記事

ペダル」カテゴリの記事

奏法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 音楽備忘録1432 音環境の変遷③ | トップページ | 音楽備忘録1434 歌唱に纏わるあまり話題に出ない話し »

フォト
2024年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ