« 音楽備忘録1402 歌のコーラス④ | トップページ | 音楽備忘録1404 適切な音楽の評価方法⑬ »

2023年6月19日 (月)

音楽備忘録1403 ノリを育む方法⓯

ノリ獲得には機械の駄目な処にはしっかり駄目出しをしよう、なぁんつうとその方面から大批判を頂戴するかな?。
えーい慌てるでない、本質的には無い物ねだりをする人の方が悪いんだよ。

近年になる程どんどん高機能化してるけど、量産品に世界で唯1つのあなたの個性が最初から反映される訳ゃねーじゃんさ。
過去に別項で打込む人の質とかスキルがと綴ったが、機械の方に責任があるとしたらハッキリしてんのは小数点の付くテンポが扱えない位だよ。

あと少しあるとしたらインターフェースの出来栄えで、リアルタイムライトをもっと活用するには一寸物足りないかねえ。
最近ほぼ忘れ去られてるし俺にはあまり意義が無いからやってないが、レゾリューションの細かい打込みソフトやドラムマシンだったら録音機の代りと思ったってホントは良いんだ。(考え方次第じゃ現行デジタル録音が超細かい打込みみたいなもんだ)

録音機登場以前から今に至っても例えばPianoは¼音が出せない等、そもそも楽器自体が束縛ゼロでは無いからね。
で何を訴えたいかったらレゾリューションの間は出せないけど、必ずしもメトロノームを使ったりピアノロールの小節線等に「従わず」に打込んじゃったって全然構わないんすよ。

それで違和感の無い流麗なリズムにするのは少々手古摺るだろうが、リズムガイド抜きでリアル楽器を弾いてる時って実は常にそんな状態なんよ。
なになにそれじゃあそんなで打込んだのをガイドにして、他の楽器を録る時分り難くなって大変だって?。

んー「だろうね」ってオイオイおんどれは風見鶏かいって、違ぁ~う。
リアル合奏時にはある視覚が無いから分らなくなってて、意外かも知れないがタイミングをピッタリ揃えようとしたら視覚要素は元々必須なんすよ。

それが所謂アイコンタクトとかで、尤も俺の身内には自分が不要だとこっちが要ってもそっぽ向いてたりされる事も…。
わもしかしたら主導権取りたくてかも知れないから置いといて、それさえも今や動画全盛なんだから絵付きにしときゃ良いやんけ。

だがリモート合奏動画以外では殆ど活用されて居らず、それもリズムガイドが使えないClassic系が殆どだ。
ポピュラー系では使おうと思えば使えるのが多いし、使った方が大抵は楽だけどな。

でもテンポほぼ不変とかだからって、ノリを気にするなら余計な縛りはなるべく無い方が良いんだよ。
そこで敢えてClassic系奏者の状況を思い出してみると、ポピュラー系の人よかメトロノームを持ってる人が多いし「練習では」使ってる事が多いんじゃね?。

っつうのからするとジャンルが違うからってポピュラー系でだけ、何も考えずに何時も「本番で」リズムガイドを使うのが大間違いなんじゃないすかねえ。
殊ノリと云う点に焦点を当てると、百害あって一利なしと迄行かずとも数利位しか無いのよねえ。

現代奏者の標準をオラぁ全く知らねえからどうだか分らんが、イメージとしては練習で殆どメトロノーム使ってなくて本番だけリズムガイドありが多いんでないかい?。
もしそうだったらそりゃあべこべの典型ってもんで、よお考えてみておくんなまし。

>つづく<

« 音楽備忘録1402 歌のコーラス④ | トップページ | 音楽備忘録1404 適切な音楽の評価方法⑬ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

ドラム」カテゴリの記事

ギター」カテゴリの記事

ベース」カテゴリの記事

鍵盤」カテゴリの記事

録音」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 音楽備忘録1402 歌のコーラス④ | トップページ | 音楽備忘録1404 適切な音楽の評価方法⑬ »

フォト
2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ