« 音楽備忘録965 PCの現実的セキュリティ➏ | トップページ | 音楽備忘録967 RockのスタンダードⅡ㉖ »

2022年4月 7日 (木)

音楽備忘録966 リアルとバーチャルの実用上の正確な比較④

前回実物楽器の他にデジタルバーチャル物まで登場させたが、夫々に対しての内容をもう少し掘り下げときまひょか。
成功失敗の両方の体験を交えながら、実際の顛末の雰囲気が少しでも感じて貰えると嬉しで。

先ず実物楽器の方では俺の場合は音のグレードが大問題になったんで、デザイン・タイプ・仕様よりもメーカを重視する結果になったんだ。
若い頃から比較的録音に携わる比率が高かったんで、個人の好みより誰でも許せる音みたいなのの方が必要で。

だから例えばFenderのは未だ中古Mustangしか持って無いが、元々の候補はStratoだったって具合でね。
Gibson系にしても同様にLes Paulがベストだったのに、未だ中古SGだけとか…。

たまたま好きな達人から上手な使い方を少し拝借出来たから助かったし、今では成行きでも自分のスタイル!?の一部にしちゃってっけどさ。
いざって時に超高級代替品より唯本家のであるだけの、その音の威力を何処かで痛感しちゃってたんだ。

こう書くと少頻度の有事に拘りが強いのかと誤解されそうだが、真に楽器の威力が必要になる時ってこっちの腕だけじゃ足りなくなったりした時なんだよね。
だから極端な話し妥協するなら僅かでも安い方が良いし、先々も気にするならプロ界で一定以上の評価と実績のあるのの2極思考でも構わんと思うんだ。

昔比だと今は世間の物価と楽器価格の差が縮まったからそんなでも無いかもだが、当時の一般庶民感覚だとプロでも無いのに本家本元のだなんて高価なのと共に釣合わないって思う方が普通でね。
処が後になってみると偽物なのにそこそこ値が張るってのが最も曲者で、全てが中途半端故却って処遇で困窮させられたんだ。

そこで杜撰大王式だから一般のとはかなり毛色が違うかもだが、先ずは自分がどれ位消耗させたり壊しそうかを先に想像してみるよろし。
それで価値を結構下げそうならなるべく安く、そうでないなら純粋な軽い趣味の人にこそ本物を手に入れるのをお勧めするだす。

比較的短期間で不要になる可能性が高い程、次のへ投入出来る予算が要る訳でしょ。(楽器と限らず!)
この件日本ではまだまだ幾らも浸透してないが、海外の一部ではだからこそリースって方法も選択肢として定番になってたりする。

実は日本でもプロ中のプロ程リース活用率は高いもんで、運搬・メンテ・保存から果ては盗難時の面倒からなるべく逃れたくてそうしてるみたいよ。
狭い範囲のスタイルつまり例えば弾き語り専門とかでたった1本のGuitarなら、常時肌身離さずなんてのも可能だけどさ。

それなりに数があると管理も運搬も全部自分だけでってのは無理になり、大勢が携わる程どうしたってセキュリティレベルは下がっちゃうっしょ。
加えてプロ中のプロなら録音時だけ自分で秘蔵のを持って来て、本拠地から遠いLiveではリースをなんて使い分けも自在ですからねえ。

なのでどれだけ状態を維持出来るのかを除けば、一般の認識って実は裏返っちゃってんだわさ。
特にこっちが親で子供に買い与えるなら、教育上(本物に触れさせる等)も含めて迂闊にまだ早いとか
贅沢だなんて思わない方が良いでっせ。

体験としてはコレその時は骨の髄迄堪えたけど、再度の要求が来難い点で長期ビジョンでは最安コースなんす。
楽器をファッション感覚で捉える人だって少なか無いだろうが、それでも服飾よりは流行サイクルが随分長閑なのは確かでして…。

<つづく>

« 音楽備忘録965 PCの現実的セキュリティ➏ | トップページ | 音楽備忘録967 RockのスタンダードⅡ㉖ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

ドラム」カテゴリの記事

PA」カテゴリの記事

ギター」カテゴリの記事

電気」カテゴリの記事

ベース」カテゴリの記事

ペダル」カテゴリの記事

鍵盤」カテゴリの記事

真空管」カテゴリの記事

Mic」カテゴリの記事

スピーカ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 音楽備忘録965 PCの現実的セキュリティ➏ | トップページ | 音楽備忘録967 RockのスタンダードⅡ㉖ »

フォト
2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ