« 音楽備忘録779 楽器の明瞭度の話し⓮ | トップページ | 音楽備忘録781 Rockのスタンダード➌ »

2021年10月 3日 (日)

音楽備忘録780 風変りなMic位置➎

今回はパート別では3番目となるエレキBass Ampへ駒を進めるが、こいつぁ大専門の癖に正直筆が重い。
その最大理由はスピーカエンクロージャの方式の問題で、Line録りが常態化したからか年々Mic収録へ無配慮なのばっかになってるからだ。

バスドラと同じ様に考えて貰えれば複数ポイントからのMixだって大いにアリだが、どうも特に本邦ではBassに与えられるch若しくはトラック数がケチられ気味でアカン。
Mic以前にたまたま昔から俺はRickenbacker(若しくは擬き…)常用者なんで、折角付いてるStereo Outをしょっちゅう使おうとはしてんだけどね。

公開作では大昔カセットデッキtoカセットデッキ時代に1つあるだけで、中々日の目を見られずに今日に至ってる有様だ。
これは近い内に声を大にして意識改革運動でもしたるかって調子だが、どんだけ受容れられるかは未知数だ。

では重複も少なくないがこの件何故年々困難化したかったら、ダクト有エンクロージャの台頭も大きい。
これは少しでも小さい箱でローエンド迄出すには最適ではあるが、音域次第で「出て来る場所」が見事に分割されてまうのだ。

更に加えれば近年はユニットからしてウーハとツィータに分割されてるのも大増殖中で、しかし個人的には「エレキらしい音」にはあまり望ましく無い方法だと思ってんだ。
太鼓や鍵盤みたく「鳴らす場所が別」のがありゃ色んな処から出ても構わんが、混変調作用に相違が現われたり減り過ぎるのが不味いんですわ。

「混変調」ってオーディオでは歪みの1種として敬遠されてて、確かに単純なHi-Fiを追及すりゃ無いに越した事ぁない。
だが器楽音となると意図的歪ませ以外にもある意味必要悪的なのが色々あって、それらのお陰で例えば同じ音程でもポジション次第で違う表情を出せたりしてんのよ。

ここでは随時吠えしてると思うけどLine録りに寄せたオーディオライクなのがそんなに良いんなら、もう今更楽器Ampなんて止めちまってPAから出した方が圧倒的に有利なんすよ。
それはさて置き仮に2本構えるのの覚悟は出来たとして、それでもまだバスドラとは異なる面があるから困るんす。

バスドラで2本にするのって「違う場所のを拾う」ってよりゃ、「違う部分を拾う」(周波数帯域)のが主ですわね。
それがBassエンクロージャだと逆になってて、上記の音の科学変化が起こる「手前」に大抵はなっちゃうのよ。

この項の以前の記事で「必要なだけ遠ざけりゃOK」って書いたのは間違いじゃ無いんだが、低くて大きくなる程その距離が膨大になるですよ。
1つのユニットと近似な状況を得るには、ユニットからのとダクトからのが「完全に混ざって」無いと駄目なのはお分かり頂けますですか。

それがケース1のバスレフタイプの場合ローエンドは指向性が緩いから良いとして、ユニットの指向性が結構鋭いんだす。
すると単純にエリアが完全に重なる位置迄離した際、今度はダクトからの音圧が減り過ぎちゃってんの。

響くハコで収録場所残響が混じり込んで良きゃ、床を中心としたダクトの反響にまだ救われるんだけどさ。
片やケース2のホーンダクトタイプ(主にバックロード)では、今度はホーンのターゲットエリアが遠距離になってるからこりゃもっと厳しいとな。

そんなだから是又概述だがMic録りデフォ時代にFenderなら4発中心向き密閉型エンクロージャのBassmanが、Ampegなら単発でダクトが最短距離でスリット状のB-15Sが業界内じゃ持て囃されてた訳。
因みに後者の当時に於ける特徴の1つとして、「バッフル面積」(ユニットが付けられてる板)が他に比して最小限だったってのがある。

かつてエレキのエンクロージャってローディが支えて無いと倒れそうな位平べったいのが主流だったが、あれって「回り込み」の悪影響を減らす為だったんだ。
なので仮に音量が足りても少し広い所だとB-15Sのエンクロージャじゃ、きっと他よりかなりボケボケな音になっただろうさ。

Fenderのは上手に兼用化したもんだが、それだけAmpegのは思い切った専用設計をしてたんだね。
もしかしたら最近になって再販されたのは、上手く録れるのが無くなったのに起因してんのかな。

<つづく>

« 音楽備忘録779 楽器の明瞭度の話し⓮ | トップページ | 音楽備忘録781 Rockのスタンダード➌ »

音楽」カテゴリの記事

PA」カテゴリの記事

電気」カテゴリの記事

ベース」カテゴリの記事

録音」カテゴリの記事

Mic」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 音楽備忘録779 楽器の明瞭度の話し⓮ | トップページ | 音楽備忘録781 Rockのスタンダード➌ »

フォト
2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

最近のコメント