« 音楽備忘録707 リフの上手な!?作り方② | トップページ | 音楽備忘録709 録り方の問題 機材の使い分け② »

2021年7月23日 (金)

音楽備忘録708 メンテナンスの問題③

ここ迄は何となくで材料の木中心で来ちゃったがエレキでは電気関係のだってあるから、今回はそっちへ特化して進めてこう。
っとその前に修理を専門家へ依頼するの自体に、昔よりかなり状況が変わってるんでそれを先に。

通販がここ迄浸透して無かった当時は、買うのも治して貰うのも方法は主に2通りだった。
自分で運べる範囲のはこっちが人間もろとも移動し、運べないのは業者に家に来て貰う。

今だってそれが絶滅しちゃいないけど、そうする人数が激減するとどうしたってそれを扱う業者数も減ってしまった。
最近過疎地で地元のガソリンスタンドが無くなって不自由になったってのと同じで、住んでる場所次第での格差が本件では一層拡大している。

こればっかりは個人で補い切れないので何だが、例えば偶然俺が持ってる「カリン材の指板」なんてな果たしてオーダーメイドでだって今でも可能か疑わしい。
なので万一そんなのに満足してたなら昔以上の逆境にあっても、廃棄にはより慎重になった方が良いと思うんだ。

設計や加工は新しいの程良くなってるが、これは改良や改装でもかなり補える。
だが材料自体の問題でそれが本体の広域に及んでたなら、「補修用ボディ」なんて奇特なのを最初から用意してるリッケンみたいな変態メーカ以外のは「今あるの」以外に代わりが存在しない。

さて本題へ戻って電気系統だって材の影響はあるけれど、そのものズバリよりゃ依存度が低いのが多い。
又その種類次第で存置の価値にかなり差があり、今でも変わらず継続生産されてるのだったらサッサとお取替えして構わない。

上記前者の内容としてはPickupの磁石のなんかが割と有名で、アルニコかセラミックのかなんて辺りだ。
実際にそれで音に差は色々あるんだけど、実用上は奏者のお好み次第とも言える。

PUの音色って他にもCoilの材・巻き数・巻き方やそのボビンとかケース等、かなり多彩な要素で成り立っている。
なので無視したら流石に危険だけど、それだけに捉われ過ぎても仕方無いんざんす。

それに対し一部古典機に音質調節用に用いられてた、「唯のCoil」なんかだと昔より格段に入手難になっとりゃぁす。
そんなのについては例え完全に壊れちゃってて取り外しは余儀無くなってても、保管しとくべきでやんす。

後日その手のを治したり互換品を扱える業者が万一見つかった際、現物サンプルの有無が大問題になりますんで。
細部迄綿密に執着すりゃ製造時期の差ってのも確かにあるんだけど、消耗部品の場合は拘るにも限界がある。

この面で体験的に痛感させられたのがコンディションで、「初期の性能」が得られなくなってたら大抵はそっちの方が影響力が強いだす。
なのでもし徹底的にヲタるつもりなら、なるべく早期に初期性能が維持されてるのを実体験しとかないと拘る意味が薄れるよ。

尤も芸術方面ではヨレてからのが好きだったりしても一向に構わないんだけど、知らないで居てボラれたりしたら損でしょ。
それと音に影響の少ないのだったら構造面では「改良後」のの方が何かと宜しくて、ミント(言うなれば新古品)の歴史的価値は不変でも実用道具としては扱い辛さが付き纏うから微妙だす。

ここから先は専門性及び経験値も要するので何だけど、電気関係は材や構造の差もその場所次第で影響度が随分違う。
木に比べると金属部品の方がこの傾向が強いが、それから電気→電子と進むにつれ影響は各段に小さくなってるよ。

なので徹底してヲタるなら「○○になる原因は□□」ってのの究明が肝で、Rickenbackerの4000シリーズBassの一部で例示しとこう。
テイルピースやブリッジからの音色や反応は、ほぼ全てがアルミダイキャスト(鋳物)製であるのがポイントだ。

テイルピース捲れ防止のネジの本数とかは何本であろうと、少なくとも俺には音的な違いは全く感知出来なかった。
それに対しリアPUのLow Cutコンデンサの有無は試奏時では大差無いが、アンサンブル内へ入ると「硬さ」とか「甘味」の面で歴然の差があった。

って何か今回のお題からしたら正反対のを出しちゃったけど、これは稀な少数派ので他の多くのは逆パのが殆ど。
演奏中の不測のトラブルを避ける意義からも、電気関係は先ず健康なのが最優先ですよ。

<つづく>

« 音楽備忘録707 リフの上手な!?作り方② | トップページ | 音楽備忘録709 録り方の問題 機材の使い分け② »

音楽」カテゴリの記事

ドラム」カテゴリの記事

ギター」カテゴリの記事

電気」カテゴリの記事

ベース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 音楽備忘録707 リフの上手な!?作り方② | トップページ | 音楽備忘録709 録り方の問題 機材の使い分け② »