« 音楽備忘録619 残響考⑩ | トップページ | 音楽備忘録621 魔改造悲喜こもごもⅣ-② »

2021年4月26日 (月)

音楽備忘録620 録り方の問題 エレキBass編⑫

そろそろ電気・技術方面から演奏の方へシフトしてくが、殊に録るとなると密接な関係がある分が顔を出すのはご了承下さいまし。
結構高いスキルを持っててもその割に成果が上がらないなら、上記の2つ「リンク不足」が原因なのが多いのさ。

かなり原始的な構造の生楽器でさえ相手を良く知って無いと絶妙とは行かないが、機械だの電気だのの含有率が高いと「弾くだけで何とかしてやらぁ」ったってそうは行かない。
極例提示しとくと黎明期のAnalog Synthesizerなんて、厳密な音響測定するよりもっと難しい位だったもの。

電気的には同等かそれ以上の手間が掛るのに、肝心の機器精度は桁違いに低い。
尚且つ普通のだったら鍵盤演奏も出来なきゃ駄目だし、それでいて他の鍵盤楽器で使えた方法の一部しか通用しないとか今からしたらワー面倒臭だ。

但し↑みたいなの以外だったら正確な呼称とか理屈迄把握しなきゃなんない程じゃなくて、友達の好みなら大体知ってるなんてのと同じ感じでオッケーだ。
喪中なのを忘れて親友に年賀状を出す様な真似さえしなきゃってなもんで、けど気を付けててもこないだ俺はやらかしちゃったよ。

本件と対比するだけの目的で!?弁明しとくと、こっちが出すのが先で間違いの分かるのは後からなんだもん…。
それも相手が不在や多忙だったり、来るとして返信が届くのは最短でも3日後とかになるでしょう。

これが楽器の場合聴取環境に大きな問題とか無かったら、弾いたと同時か直後に判明するのが多いんだからさ。
といい加減で具体内容に進めてくと長年の体験からだと、その筆頭は色んな「タッチノイズ」だ。

これで一番厄介なのが単体聴きとアンサンブル内聴きでの差で、かなり予測の通用しない方が多い処。
これは集中力だの聴力だのが主犯じゃ無く、大昔比だと楽器⇔人耳より楽器⇔Micが近いとかそんなのが真犯人だ。

この点では奏者のモニタが楽器AmpなのにLine録りなんて最低で、それがMixingブースのモニタスピーカでもまだ役不足だ。
私的推奨モニタ方法はちょいと実施迄に手が掛って面倒かもだが、なるべく大勢の一般大衆と聴いた感想が同じになる「自分の耳用ヘッドホン」を見つけて持っとく事った。

例えば昔よりゃSONY CD900-STはプチヲタ程度の一般人も持ってたり使う様になって来たが、それだって世間の平均レベルからしたら細かい処迄「聴こえ過ぎ」だ。
真摯な奏者程自分の出した全てを把握したいのは分かるけど、一般観客の皆にそんな聴き方されたら気味悪いでぇ。

再生環境は方法も機器も星の数状態だから事前完全把握なんて無理だけど、当選確率からすると誰でも買えて買いそうなのがそれでもまだ近いんじゃないかな。
過去述だがだからCD900はミュージシャン等にも沢山使われてはいるが、あれはやっぱり検聴・分析用なんだよ。

私的に誰かの録音風景でゲンナリさせられるのは、これからデビューする幼いアイドルにさえ平気でそんなの被らせちゃったりしてるのだ。
業界用具!?に慣れさせるって意図は理解出来るが、パフォーマーに先ず必要なのはノイズ検知じゃ無くてニュアンスとかの方だ。

しかも隠してるだけで恐らく劣化や難聴の進んでるクソオヤジ供と、無垢で健康な(残念乍ら最近は若くたってそうとは限らないが…)耳に同じ機材で同じになんか聴こえる訳無いじゃんか💢。
これって英語圏だとWearableって表現があるが正にその類で、「身につける人に合せ」無きゃ何の意味もあらへんがな。

幾ら同調圧力国家日本ったって世間で年齢とかでそれなりに分化は残ってて、もし頭ごなしにCD900ってんなら汚ねえオッサン等もニーハイにミニスカートで来いってな位ホントは異様な光景なんだぜ。
でなかったら生粋のメタラーでも例えば40過ぎたら鋲は禁止…って、齢が違っても同じ趣味だから似た格好って良い方のだってアウトにならぁな。

どれもそんなじゃ困るから少しだけお金が掛るけど、ヘッドホン1つにしたって分析用とパフォーマンス用を考えも無しに兼用したりしてる様じゃ苦しいよ。
こう云うのをちゃんと教えてくれる処や人が少ないのもけしからんが、今迄より何とかしたいと思うならそれなりで良いから自分から進んで考えたり工夫しなきゃですよ。

下手すると同業者を売る事にもなり兼ねんが悪徳な奴等だと、絶対普通じゃ聴けない様なモニタを使って「ウチで録ると他より全然良いでしょ~」なんてのもたまに居るがな。
そんなのが昔は地方で唯一のハコだったりすると今より横行してて、機器価格の事情なんかで普通の個人じゃ手が出せないからなんてのと比べたら今は随分良くなったんだよ。

<続く>

« 音楽備忘録619 残響考⑩ | トップページ | 音楽備忘録621 魔改造悲喜こもごもⅣ-② »

音楽」カテゴリの記事

PA」カテゴリの記事

電気」カテゴリの記事

ベース」カテゴリの記事

録音」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 音楽備忘録619 残響考⑩ | トップページ | 音楽備忘録621 魔改造悲喜こもごもⅣ-② »

フォト
2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

最近のコメント