« 音楽備忘録380 素人に可能な防音・遮音㉗ | トップページ | 音楽備忘録382 半導体 vs 真空管② »

2020年8月22日 (土)

音楽備忘録381 ヘッドホンと体格の関係Ⅻ

前回「グループ独自のサウンド」を確立するには、メンバーが同じヘッドホンを使った方が有利と提示した。
が、ではそれをどうやって選び出すかにも触れておこう。

一番簡単なのはメンバー誰かの家が活動本拠地に出来る様な場合で、どっかのオッサンみたいにそれが録音Studioだったりしたらそいつに任せときゃ良い。
無不満で済む事は少ないかも知れないがヘッドホンのみならず、スピーカで皆で一緒に聴く際も機器も環境もそれなら同一・共通だ。

そこで可否の意見が割れたとしたら、各自の好みか聴こえ方の差がその原因なのが明瞭化する。
狡く立ち回るなら文句の多い奴にだけそいつの好みの音色になるヘッドホンでも被らせるなんてのも手かも知れんが、前回述の通り飽く迄お客さんの耳に意図通りの音が届くかを考えりゃこれはよろしく無さそうだ。

この文句の多い奴を絶対生贄みたいにしちゃイケナイが、どうして違って聴こえてしまうかは本人個人にもグループのどっちにとっても必須の情報だ。
仮に全員が高域難聴のグループなんて極端な想定をすりゃ
、健康体が聴いたらきっとシャリシャリキンキンなサウンドになってたりするだろう。

現代では聴き手にも同類は一定数は居るだろうから、敢えてそいつ等向きにと割切るのも一興かも知れない。
しかしそれだって自分達が「どの程度偏ってるか」が認識出来てたらの話しで、誰一人分かって無かったら作戦化自体が出来ない。

なので多少なりとも音色に拘りがあるならその拘りの分だけは、自分の耳の性質を知っとかないと始まらないのだ。
ではどうやってそれを獲得してくかだが、以下にその手順みたいなのを列挙しておこう。

①聴き手以外の人に演奏して貰ったのを聴く
②それをなるべく音色演出の少ないスピーカで聴く
③更にそれをヘッドホンで聴いてみる

理想としてはどれでも同じに聴こえるのが良く、②の段階で違って聴こえる様なら次の点を先ずチェックだ。
Rock系の場合なんかは普通だったら丸囲み数字が進む程小音量になるので、音量のせいで違って聴こえる分は至極当然の結果だ。

その場合一寸アブノーマルだが先ずはスピーカ聴取時に無理無く出せる音量迄、敢えて演奏音量を下げて貰おう。
これはヘッドホンの場合も同様で、耳に届く音量に差があってはこのテストが無効化する。

それとご注意願いたいのは生の音量に近付けられるからって、②のスピーカの処をPAで聴いたらあきまへんで。
具体的な音量としては一般市民が、日常生活内で聴く位の音量が一番望ましい。

これは幾らバンドマンでも担当楽器に限定がある場合、楽器に依って素面で聴ける最大音量に差があったりもするからだ。
歌手・生ピ・ドラム等だとその奏者は、奏者だけが「常に他の誰とも違う至近距離」で聴いてるからねぇ。

と音の面だけならこれで済むが、ヘッドホンだとそうは行かない。
フィット性は音の聴こえにも反映してるから、ある程度迄だったら音だけを気にしてても行ける。

だがもしメンバー中の誰かたった1人だけでも「痛くて1分すら堪えられない」様なら、同一音共有の趣旨だと選からは外すべきだ。
これを考えると必ずしも「ありのままの音」と共有を同一機種で済ますのを諦めるのも手で、似合っても似合わなくても会社員だからスーツ着用なんてのと同類と思って良いだろう。

昔だったらそんな目的には迷わずスピーカで聴いてたけれど、近年の住環境も併せて考えるとその方が困難な場合もありそうだ。
ホントはスピーカから一緒に聴けるのが録音Studioに集まった時だけじゃ足りないんだけど、今みたいにコロナのせいでリモート中心になったりすれば共通ヘッドホンは結構有力なアイテムにもなり得るのだ。

となるとグループ共有用のは音質的には妥協の産物となったりもするが、人次第で違って聴こえる事の弊害からしたらそんなの微々たるもんなのだ。
本件を軽視して最悪基準点が全員異なっていたら、各自が努力する程バラけてったりし兼ねないんだからさ。

<つづく…かも>

« 音楽備忘録380 素人に可能な防音・遮音㉗ | トップページ | 音楽備忘録382 半導体 vs 真空管② »

音楽」カテゴリの記事

PA」カテゴリの記事

電気」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 音楽備忘録380 素人に可能な防音・遮音㉗ | トップページ | 音楽備忘録382 半導体 vs 真空管② »

フォト
2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

最近のコメント