« 音楽備忘録366 ヘッドホンと体格の関係Ⅶ | トップページ | 音楽備忘録368 今更の初Zoom⑨ +音楽も含めたテレワーク④ »

2020年8月 8日 (土)

音楽備忘録367 素人に可能な防音・遮音㉒

さて従兄現行レッスン室の低域漏洩問題であるが、設計とは用途違いな使い方をしてるとは云え無防音な訳でも無い。
裏口の階段通路を挟んだ向かいが丁度舞台裏なので、少なくともそこからの影響を回避させる程度の処置は十二分になされている。

これ迄徐々に調査を進めて来てるが、部屋自体の遮音性には大きな問題の無きらしきは既に確認出来た。
どうやら吸排気のダクトに問題がある様で、しかしこれも全く無策で筒抜けになってる訳では決して無い。

ダクトの途中には製品版の吸音箱が挿入されてるが、これの主目的は中高域の減衰だ。
だから肉声とかであれば中で絶叫したって外では全然分からなくなってるが、低音の方だとそうは行かない。

何が厳しそうかってばビルの耐火法の関係か、ダクトが金属パイプ且つ内面剥き出しの直管なのが災いしてるみたいだ。
地下室な上に吸排気口は駐車場屋根先端にあるので、距離減衰の為の長さとしては贅沢な位だ。

だが長さが効果を発揮するにはダクト内の反射が良くては元も子も無く、これでは昔売られてた有名な土管型!?のサブウーハの高性能版となってしまう。
しかし耐火建築の場合可燃性の木製階段がアウトなので、恐らくそれと同じで違うフロアに炎が伝わる仕様は無理だからか。

防音・遮音の都合としては吸音材無しは致命傷で、管内の反射が良いのは楽器用の音響管と化してしまう。
これを別角度から表現すれば空気の動きがほぼ無制限に伝わると云え、吸音材に依る撹乱作用が無いからだ。

因みに従兄宅の駐車場屋根部ダクトの長さは6m程度だが、この際なんでチト簡易計算をしてみた。※公式:λ[m](波長)=c[m/Sec](空気中の音速)÷f[Hz](音の周波数)
これで分るのは大凡どの周波数の音を露骨に出してしまうかで、音速を340m/Secで計算すると56.7Hzと出た。

実際の全長はもっと長いが途中で急角度の折れ曲がりがあると、少なくとも短波長の高域は影響を受けて減衰する。
なんで要するに現況では特に低域に関しては、あたかもパイプオルガンの低音域の音響管と化してるんだからそりゃ良く鳴る訳だ。

こうなるとダクトに入る前に低音を殺しとく他無く、低予算で自前でとなるとレッスン室の排気口の手前に吸音材貼り詰め迷路箱でも追設するしかない。
本来なら見栄えでは無く振動成分伝播を低減させる為に最低でも天井裏等へ隔離設置するもんだが、それでは天井を改築せねばならない。

どの道最終的にはこれは必須と考えられるが、手始めの段階として今は違う方策が練られている。
それは従兄の実験試聴に依れば多数あるダクト毎で洩れが異なるらしいので、一番洩れてる不要なのから閉鎖実験を示唆しておいた。

これにはダクト洩れが最大要因かの確認も兼ねていて、何も手を付けずに分かる範囲は既に網羅されたと考えられるからだ。
コロナ騒動が無くても俺が毎日出向ける程近所じゃ無いし、従兄もレッスンその他の合間を縫っての作業だから調査自体にもかなり時間を要した。

他にも並行しての懸案があるが、それはLANケーブルの敷設だ。
宅もそうだが昭和末期の建築物なので当然そんなのの想定・準備は無く、詳細は別項の新記事の方へ譲るが「線を通す」のに難儀している。

それでも宅は録音用だから現況は「要らんわい」と開き直っちゃってるが、隣室間に窓があるのでいざとなったら窓越しに電波(Wi-Fi等)を使う手が残っている。
従兄の方はオンラインレッスンをもう始めてるってのに、折角あるレッスン室からはまだ配信出来ないのは痛い。

今だと業者でも自前でも追加配線に対する配慮がされててもおかしく無いが、なまじフォーマットが長期安定期だとこんな不便に後から苛まれるもんだ。
こんな状況に限っては構造の理解度も含め自前施工の方が圧倒的に有利で、次回は内外配線での漏音を防止する方法について記すとしよう。

<つづく>

« 音楽備忘録366 ヘッドホンと体格の関係Ⅶ | トップページ | 音楽備忘録368 今更の初Zoom⑨ +音楽も含めたテレワーク④ »

文化・芸術」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

PA」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 音楽備忘録366 ヘッドホンと体格の関係Ⅶ | トップページ | 音楽備忘録368 今更の初Zoom⑨ +音楽も含めたテレワーク④ »

フォト
2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

最近のコメント