« 音楽備忘録356 ヘッドホンと体格の関係Ⅱ | トップページ | 音楽備忘録358 ヘッドホンと体格の関係Ⅲ »

2020年7月29日 (水)

音楽備忘録357 素人に可能な防音・遮音⑰

色々言って来ちゃったけどもし実際自前でやるとして、最初に問題になるのは材料って事が多そうだ。
基本的には木材で攻めてくのが中心になるだろうが、もし新たに購入するなら石膏ボードが欠かせない。

木材は加工性や入手性に優れるし、日本男児であれば義務教育の過程で一度位は皆切ったり打付けたりした経験もあるだろうしね。
でも既に少し触れてるが防音・遮音が目的となると、材料に共振とか共鳴されると苦しい。

何しろ響かせ易いので楽器に多用する位だから、決して木なら何でも良い訳じゃ無いけれど。
そりゃ板裏の骨組みの色々とか吸音材をしこたま貼ったりすりゃある程度は抑えられるけど、男が女に変身する様な変化を期待するのは普通は無理だ。

のでたまたま手持ちが一杯あってそれだけで全部賄えるとかででも無い限り、或は求める性能がそこそこ高いなら石膏ボードを避けてちゃ始まらない。
個人差はあろうが日曜大工に親しんでても木よりゃ馴染みが薄いのも然りで、木より割れ易いとかくっ付ける方法が少ない等の不便は確かにある。

けれどそれも加工若しくは工事の精度を気にした時の話しで、普通なら釘で打付けて止めるのも俺としてはネジ締めにするのがお勧めだ。
どっちで固定したって接着とか溶着させるよりは後の「緩み」の心配は残るが、後での修正が簡単なのはネジ締めの方だ。

貼付けたのが剥がれたとしてそれが綺麗に全部だったら、単にもう一度貼り直せば良いよ。
でも大抵は変な所だけ剥がれただの浮いただのってなるもんだから、接着剤を塗布するはおろか目的の場所へ正確に適量を流し込むのすら困難になったりするのが常ですがな。

釘の場合その緩んだ原因が木材の乾燥進行に依る所謂「目痩せ」だったら、太さをサイズアップしない限り幾ら叩いといたって暫くすりゃ又出っ張って来る。
ネジにだって頭やネジ穴の山をなめたなんて弱点は持ってるけど、施工後でも無傷で分解可能な利点もある。

ここでもしかしたらネジだと釘より「事前穴開け」(下穴)が要るのを面倒がられるかもだが、例え石膏ボードで無くても「絶対に割りたくない」ならこれは常時必須の工程なのだ。
現実レベルでは精度不要箇所だったら、例えばベニヤ板に多少ヒビが入ったって留まっててくれりゃOKなんてのもあるだろう。

木には繊維があるお陰で割れても抵抗力皆無にはなり難く、粉々になっちまうとか完全分離しちまう様なのよりゃ確かに外見上の変形は少なくて済む。
けれど固定力が著しく低下するのは避けられないので、隙間どうこうとなるとそうなっては性能不足を招く。

故にこの手の用途では可能箇所は接着と、ネジ止めの併用をするのがお勧めだ。
業者の施工では木に対してならコースレッド等と呼ばれる「専用タイプのネジ釘」を使われるのの方が多そうだが、それだと下穴省略可能な場合も出て来はする。

だが厳密には材や施工方法毎の細かい種類差もあるので、材もネジもほぼ全把握出来て無い限り素人が下穴を省くのはリスキーだ。
実際プロの職人だって失敗するのは珍しく無く、そんな時は材料を少し無駄にしてたりもする。

だが仕事量が膨大に増加すれば人件費もそれに比例するし施工期間も延びるしで、経済的な妥協点に従って選択してるって感じだ。
それに対し素人が個人でちっこい目のをたった1つしか作らんとなりゃ、材料の健全を最優先にするのが何たってお得。

それ等を総合すると当初は面倒に感じても、ケチらず地道に下穴加工をして行くのが却って近道なのだ。
面倒な代わりこれには他にもご利益があって、それは例えば電動ドライバで締める時にズレたりするのを予防出来る。

そりゃ下穴の時点でズレる危険だってあるけれど、これは最初に開けるのに使うドリルの刃等をケチらず細目のを使うと補える。
具体的には怪しげな補正方法だが4mmの穴が欲しいのを先に2mmで開けとくと、位置誤差2mm迄なら後から拡張する場所と方向に気をつりゃやらかしちゃった失敗を無かった事にも出来る。

勿論そんなの邪道道まっしぐらだから後からの分はもう普通にドリルでなんて無理で、ヤスリか何かで更に地道にと空き巣並の暗い姿になるがね。
でも失敗が許されるとか、ミスっても補えるのはとても助かると思うんだよね。

<つづく>

« 音楽備忘録356 ヘッドホンと体格の関係Ⅱ | トップページ | 音楽備忘録358 ヘッドホンと体格の関係Ⅲ »

音楽」カテゴリの記事

PA」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 音楽備忘録356 ヘッドホンと体格の関係Ⅱ | トップページ | 音楽備忘録358 ヘッドホンと体格の関係Ⅲ »

フォト
2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

最近のコメント