« 音楽備忘録218 ジャンルへの拘りと他人の見立て➄ | トップページ | 音楽備忘録220 録音時の雑音、どれだけ残すか!? »

2020年3月13日 (金)

音楽備忘録219 ジャンルへの拘りと他人の見立て⑥

今迄はマクロ的に最短で小節単位・最長で1曲の中での事例を挙げたが、今回はワンステージ若しくはアルバム単位で考察して行こう。
それとここ迄は分類カテゴリーにパソコンも入れとき乍ら、打込みの場合に言及しそびれてたのでそれも…。😅

罪滅ぼしも兼ねて先に打込みのケースから行くが最近じゃ自前手弾きのループや切貼りも多いが、本件ではそれ等は打込み側へは含まれない。
それは作者自身の手で直に音色やノリ等の加減が可能だからで、弾けなくても出来る打込みとは別物だからね。

さて音楽で弾けないのを機器製作に例えれば、選べはするが全く部品自体は作れないって処だろう。
僅かだがそれを上回る私的例では億劫病が再発して中断してるが、フォトカプラの自作ってのがある。

自作ったって実際にはピンキリで、俺がやろうとしてるのは何も半導体自体から開発しようなんてご大層なヤツじゃ無い。
それは1つのLEDで2つのCdS(明るさで抵抗値が変わる物)を一遍にコントロール出来るタイプのフォトカプラで、大枚を叩きゃまだ売れ残りが入手可能な代物だ。

悲しいかな当然俺だから大枚のカードは無いので、個別部分品を工夫して組合わせて作ろうって計略だ。
これを音楽へ戻してくと尺八等の達人なら兎も角、多くの奏者は人に作って貰った楽器を奏でてるから同次元と見做せると思うのだ。

完全無欠の全方位オリジナリティとなると楽器から作んなきゃだが、それすら突詰めたら工房に籠りゃ済む話では無くなる。
材料の木だって先ずは山を買って苗を植え、金属だったら温泉じゃ無いが厳密には鉱脈を掘り当てる処からじゃ無いとね。

ってやれたら面白いかもだがそんなんやらかしてたら、音楽作品を完成させられる迄にどんだけ掛る事やらだ。
作るプロが居るのと同じく操る方にも専門家があるし要る訳で、音楽製作上の都合で分類すると上記辺りが一般論としちゃ妥当って考えだ。

では弾けない人が入手出来る音源から考えてくと、誰かが奏でた音ってのが出発点になる。
尤も弾けるったって思い通りの音が出せるとは限らんが、少なくとも所望へより近付ける事は可能だからねえ。

が弾けないと選べる以上の根本的な加減が出来ず、音色に持たせられる独自性は少ないし限定的だ。
となればフレーズがその中心となるが、フレーズには作曲や編曲の要素が当然大いに含まれている。

ポピュラー系でこれを明確に意識して実践した最初は小室哲哉辺りと思うが、厳しい制約の中でとなるとかなり稚拙でワンパターンとなっても致し方無い処だろう。
個人的には好きくないが決して卑下しようとかってんじゃ無く、奏者・歌手が変わっても通用する独自フォーマットを作り上げたのは凄いと思っとりゃーす。

けれど極短時間・シンプルって枷があると打込み系独特の制約は不利で、全部機械だけの(当然歌唱も)で紅白歌合戦に出るなんてのは稀有だ。
ボーカロイドの初音ミクは結構世間に浸透したけれど、音よりも画像(容姿キャラクタ)が中核だろう。
それでも絶望するのはまだ早く、不利なりに工夫の余地は残っている。

それは手弾きだから達人だからって全てをオリジナリティに溢れた上「美味しく」なんて先ず出来ないから、現実的には何処かにとても印象的なアイコンを付けとくみたいな手法となっている。
野菜嫌いでも極上とんかつを食べたいとして、話題の店の板前さんがうるさ型だったら付け合わせのキャベツも残せなかったりするアレよ。

そう考えてくと大別して2つの方法論があるのに気付くと思うが、全体の不適合を排除するのを主とするか象徴部の象徴度を何処迄徹底出来るかが勝負となる。
この内俺推奨は後者の方で、前者には恐い副作用が潜んでるからだ。

俺の身近な実例では従兄のボヤキと相棒の停滞なんか典型的と感じてるが、その原因は奏者魂が作曲者魂を上回ってるからと考えられる。
大体DrummerやGuitaristはBassistより音楽的にゃ我儘に育っちゃってっからって、なんじゃそりゃは次々回乞うご期待!?。

<つづく>

« 音楽備忘録218 ジャンルへの拘りと他人の見立て➄ | トップページ | 音楽備忘録220 録音時の雑音、どれだけ残すか!? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

ドラム」カテゴリの記事

PA」カテゴリの記事

ギター」カテゴリの記事

ベース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 音楽備忘録218 ジャンルへの拘りと他人の見立て➄ | トップページ | 音楽備忘録220 録音時の雑音、どれだけ残すか!? »

フォト
2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

最近のコメント