« 音楽備忘録155 ハンダ付のコツⅣ | トップページ | 音楽備忘録157 素人でもテスターを所持する意義① »

2020年1月10日 (金)

音楽備忘録156 電子機器のお手入れ

ホントは大晦日にちなめたら良かったが、初級者には大掃除とはならないって事で兎に角行ってみるだす。
見てくれは目立つけどここでは機能面に焦点を当てるのがミソで、機器的にはこっちの方が影響大なんです。

近年若年層では不所持も増えてるそうだが、第1走者はパソコンで御座居ます。
画面・ケース・キーボード等の外装は誰でも汚れれば目に入るけど、最も汚れ易く機能・性能に響くのは冷却系統でごんす。
困った事にその多くは外より内部の方が何倍も汚れちゃうんだけど、不慣れな素人が中を開ける訳にも行かないしと。

ではどうすればっつうと、見た目に無問題でも冷却空気の吸い込み口を小まめにお掃除しとくんです。
最近は吸気フィルタも色々売られててこれを追加するのも効果的だが、元の設計が非対応だと上手く装着出来なかったり冷却ファンが過負荷になる心配もある。

そして風が通れるからには微粒子状の塵・埃等は通過出来てしまうので、汚れ難くは出来るけど長期間手放しでも平気とはなってくれない。
内部清掃不可の場合はPCに入る空気の清潔度向上を、見た目に平気でもほぼ毎日稼働させてるとしたら週1ペース位での吸気口清掃がお勧め。
如何にも面倒そうだが実際は掃除機で軽く吸ってやる程度でも、するとしないじゃ後で大違いになりまっせ。

PCキーボードに関しては知人女性のでこんな事例があったが、外見は綺麗に維持されてたけど一部のキーがいざ押そうとしたら固着してやした。
訊けば粘性のある飲み物か何かが一寸掛った事があったそうで、どうやらそれが乾いて固まってたらしい。

一度固着させちゃったら分解清掃が必要だけど、初期段階でキーの隙間へももう少し気を配れてティッシュペーパーで吸い上げるとかしてたらセーフだったかも知れないね。
只素人が一歩踏み込んだ掃除に挑戦するのにはこの辺が妥当で、Youtube等の実演動画を首っ引きにすればそんなにハードルが高くは無いよ。

因みに冷却状況が設計想定から低下すると次の様な不利が生じるが、今の殆どのPCは過熱破壊防止の為に内部温度が規定値を超えると動作が自動的にセーブされる。
オーバーヒートで壊れるよりゃマシだけど、それだと能力は本来の状態よりかなり低下する。
加えて耐熱性の低い部品の劣化が早まるので、最悪時は6年は持つ筈のがたった2年程度で不調の嵐なんて事も。

続いて第2走者のオーディオAmp等になるとPA業務用タイプ以外では強制では無く自然空冷のが多いが、ファンの付いてるのよりゃ進行はかなり遅いが空気の流入出があるのに変わりは無い。
こちらはただちに性能低化はしないが、低耐熱性部品の劣化促進では同等の影響がある。

最近は内部が外気と直接触れられる形のはオーディオ用のでは減ったが、ボリウムや切替SWに侵入して接触不良を起こすのが古い機器では当り前だった。
又日本の場合湿度が高かったり設置環境次第で結露が起き易く、その時塵埃が付着してると保湿機能が付加されたも同然で回路の何処かを短絡(ショート)させる事だって稀にはある。

自然空冷のも強制空冷のと同様素人が安易に蓋を開けるのははばかられるが、例え外側だけでも機器周辺と空気の流通経路を放置するのと一定以上の清潔度を保たせとくのでは時間が経過する程差が出て来るのは確かだ。
綺麗好きでも多くの一般人は良く見える所・手が触れる所ばかりで構造を知らぬ為に見過しがち、しかし機械君にとっちゃ背中は多少汚れたままでも平気だが鼻が詰まったままでは息苦しくて辛いって感じなのだ。

最近のエアコンには自動清掃機能の搭載も増えて無いより便利なのは確かだが、実は全くほっぱらかせる様になった訳では無い。
家の中でゴミは屑籠へ入れないと部屋が汚れるが、たまったヤツをちゃんと収集日に出さなきゃ室内の景色が変わるだけだ。

俺知りじゃどんな最新鋭の凄いエアコンだって、「ゴミの排気管」が付いてるのなんて覚えが無い。
万一付いてたってその排気管の出口を放っとけばそこに何れゴミ山が出来、最後にゃ出口は塞がるであらう。
なのであまりに汚れが溜ったら、流石に人力で除去しなきゃ無理なのだ。

しかし「売りたい気持ち」と「楽に使いたい気持ち」の悪のコラボで、これを都合の良い方へ誤認してるケースが多い。
製造販売側としては汚れが原因の不調でもクレームは来難いに越した事ぁないし、購入使用者側としては楽なの程良いからね。

普段通り使えてっからいいやってのが人情なんで仕方無い現象だろうが、突如の不調や故障が嫌だったら無関心は大敵だ。
現実的には別に神経質に気を張る必要なんて毛頭無くって、一応様子を伺う程度の手間で良い。
でもそんな一寸の事ってその分却って忘れ易いもんで、悩ましいってば悩ましいんだけどね。

<つづく>

« 音楽備忘録155 ハンダ付のコツⅣ | トップページ | 音楽備忘録157 素人でもテスターを所持する意義① »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

PA」カテゴリの記事

電気」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 音楽備忘録155 ハンダ付のコツⅣ | トップページ | 音楽備忘録157 素人でもテスターを所持する意義① »

フォト
2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

最近のコメント