« 音楽備忘録76 寿命 編曲耳!?編Ⅳ | トップページ | 音楽備忘録78 寿命 編曲耳!?編Ⅵ »

2019年10月23日 (水)

音楽備忘録77 寿命 編曲耳!?編Ⅴ

打込み氏向けとし乍ら過去の手作業凡例が続いてるのは僭越だが、打込みではそれ等の顔ぶれさえ普通は不在なのは尚厳しい。
誰が担うかは凡例とは違うがプロセス自体には大差無いので、只で獲得出来る知見とでも思ってもう暫しお付き合い下せ―。

前回の例示は成功例でGeorge Martin氏の人柄も多分にあるだろうが、Beatlesとの意思の疎通が割と上手く行ったのはそれでも幸運なだけだ。
同じLivehouseの後釜として夫々先輩から紹介されプロになった後続2組は、様相が違って苦労もさせられた様だった。

当のBeatlesだって契約がちゃんと成立したのは2社目で、しかしある意味最初にコケて懲りてたせいで注意点等を先に知れたのは不幸中の幸いだろう。
当時は見掛けの割には無垢だったStones連中は無防備が災いしたか、本来は正規メンバーだったIan Stewartが強制的に裏方扱いへ降格させられている。

もっと後の時代だったら「1人だけ異質なのが居る」のもトランプのジョーカーみたいに捉え、売込み戦略の方を練り直したのではと思われる。
イケメングループも皆がそれを目指せば差が小さくなるが、失礼乍らもすぐ側にブーメンが居ると却ってイケメン度を誇張出来るってもんだから。

見た目だけのニーズだったら芸能界じゃ確かにそんなのありがちではあるが、著名LivehouseのNo.1=実力者に対しては下手な改変は危険な筈だ。
或は当時のStonesの実力を理解出来る者が雇側に居なかったのか、クビでは無く裏で済んでホントに助かったのは会社側の方なのは間違い無い。

因みにBeatlesだってデビューに際しPete BestがRingoと交代させられてるが、これはレーベル側の直接的な指示では無い。
契約社での初録音でセッションドラマーを用意されたのに危機感を覚え、旧知の仲で一番上手な人を引っ張って来たに過ぎない。
容姿と人気では他の3人よりPeteは断然容姿端麗で人気だったそうで、それより更にRingoが大人気だったのは交代には一切無関係の模様。

んでこの件でしんがりのYardbirdsともなるともっと混沌としてた様で、Band活動自体が不安定となってしまった。
彼等が安定したのは当初からはメンバー全替え後のZeppelinになってからで、しかし初期メンバーが駄目だったのでは無くClaptonとBeckは後に大成している。

チームワークじゃ人数は少ない方が話がまとめ易いもんだが、尻の青いガキ共が腹黒業界オヤジと対峙するには仲間が多い方が心強かろう。
私見だがそんなマネジメント面も打込み氏では孤軍奮闘しなきゃなんないが、ボカロ時代はそこそこの作品を出せてた連中がメジャーになる程衰えるのはこのせいか!?。

そして情け無い話しとは思うが、現況本邦のメジャー系に打込みのノウハウを熟知してるスタッフは居ないに等しい。
一寸前なら小室哲哉みたいなのも一部に居たが彼等は兼業アーティストであって、スタッフとしてずっと頼れる存在では無い。

George Martinは最晩年に聴力劣化で辞退した以外Beatlesからの要請を断った試しが無く、レーベルとの契約条項に既に最後まで面倒を見る条項があったのかも知れない。
Bandも打込みもヒット曲も分かる日本人だと小室氏よりつんく♂氏の方が近そうだが、お世話係としては自らのアイドル系プロジェクトが主体なのでそれ以外の者にはチャンスが殆ど無さそうってな具合だ。

ミュージシャンは理想としてはプロになる迄に必要案件が満たされてるべきだが、特殊業界の全てを素人が事前に体験するのは先ず無理だ。
そうなるとプロになって暫くの期間が一番学ぶべき時期となるんだが、近年本邦みたいにそこで良きアドバイザーに巡り合える機会が無いとなると…である。

つまり例えば「お前等○○がちっとも分かって無いから、次の録音迄に勉強して来い」なんて、向こうから言って貰える機会が激減してるのだ。
アマの世界ですら昔は今以上に変な上下関係とか勝手に仕切ってる奴が何処でも必ず居て、それ自体は悪だったがこちらの見落としを指摘してくれる点では無益では無かった。

今は良く言えば他人から干渉されなくなってホントの自由が手に入ったんだろうが、自由な程自己責任は重くなる。
これ等の面で現代での打込みとは、邪魔される心配は殆ど無いが助けて貰えるチャンスが無い方法と言えそうだ。
尤も人力演奏でも余り大差が無さそうだが、録るのに打込みよりゃ頭数が要る分誰かが少しは何かに気付く可能性が残ってそうだ。

その内「聴き方の教室」みたいなのでもやったら、少しは稼げるだろうか!?。

<つづく>

« 音楽備忘録76 寿命 編曲耳!?編Ⅳ | トップページ | 音楽備忘録78 寿命 編曲耳!?編Ⅵ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

PA」カテゴリの記事

電気」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 音楽備忘録76 寿命 編曲耳!?編Ⅳ | トップページ | 音楽備忘録78 寿命 編曲耳!?編Ⅵ »

フォト
2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

最近のコメント