« 多重録音備忘録⑥ モニタ機器Ⅱ | トップページ | 多重録音備忘録⑧ モニタ機器Ⅳ& »

2019年5月25日 (土)

多重録音備忘録⑦ モニタ機器Ⅲ

以前からの読者様には恐らく不要だろうけど、前回最後部に疑念を持たれた方への種明かしを。
端的に述べますればカーオーディオでは空間等の制約がとても厳しいので、スピーカ能率に「しわ寄せ」が行ってるからなのです。

Bass Ampにも近年は超小型が出たけれど、生ドラムと一緒でも聴こえる代わりやはりミニコンポなんかと比べりゃ圧倒的にデカくて重たい。
だがカーオーディオのはSub Wooferを除けば、耐久性に勝る以外はミニコンポと同等ですがな。

さて多重録音のモニタ機器の項で何で今更のスピーカ能率話し再燃かってぇと、それが原因で望まざる癖が付いてしまってる場合もあるからざんす。
兎に角それ位スピーカってのは「置き去りにされた化石」ってな感じで、周囲との進化差が近年ではより拡大してるのが偽らざる実情なんざんす。

それでも昭和の頃から比べたら進化は僅かでも色々改良はされて、まあまあ聴けりゃOKだったら大して手を掛けなくても使える様にはなって来た。
だが「まあまあ」が録音モニタにとっては却って大敵で、聴けるから問題無いだろうとつい油断させられるのだ。

その昔所望通りのモニタが作れなかった頃は只接続するだけじゃ無く、使う前に必ず調整をするのが業界では至極当然だった。
実は今でも余程コストを掛けない限り完璧にはまだ遠く、JBLのを例示すると金満マニア向けの超高級品に迫らんばかりの値段のじゃないとそのままでは使えないのだ。

とは言っても物凄く特別な技が要るんじゃなく、大抵は少しEQで補正してやるだけで準備完了だ。
EQ(イコライザ)を直訳すれば等価器とでもなると思ってるが、そもそもが音色調整でも補正を目的として生まれたのがその呼称の由来なのだ。

最初は音響機器のその次の段階でMicのf特(周波数感度特性)のやはり「補正」に、更にその後PAでの会場音響の癖の補正に等と活躍の巾を広げて行った。
故にレコードの特性を戻す回路や機器に
も、Phono Equalizerなる呼び名が与えられてるのだ。

今だと特に音楽屋には意図的に音色を変える装置って認識しか無い者も多いだろうが、モニタスピーカやモニタヘッドホンにもそれをチョイと正しく用いるだけでかなり正確な音が得られてしまうのさ。
これをするに辺り好条件なのは各再生装置のf特が公表されてるヤツで、それだとグラフの凸凹になってる分を逆にしてやるだけでもう準備完了と簡単なもんだ。

前回記した宅のは不幸にも未発表だったので自分で測定せねばならなかったが、それすら録音に使えるMicとPCがあれば昔みたいに大変では無くなっている。
もし手間を厭わず正統派で行きたいなら部屋の音響特性の計測も要るが、近年みたいにスピーカの極近くでしか聴かないならこれを省いても影響は低下している。

補正の有無で何処がどんだけ変わるかってば、先ずは「音がスッキリ」するのが最大の違いだ。
これも前回述の「量過多だと他を食う」がスピーカ等の癖で起きてたのを無くせるからで、所謂高音質化とか高明瞭化とは違うが音質向上に大いに貢献する。

誰だって象徴的で目立つものへ気を取られるのは当然だけど、当初はこんな地味で目立たぬ部分だって「後からジワリと」全体にと実は一番影響力があるのである。
もしアナタが歴戦の猛者で「コイツだとこう聴こえる」等と熟知してるなら面倒な補正を省いても何とかなるかもだが、大して無理無く出来る手間を省いて得するのだけは無いと断言出来るだす。

まあそれでも個人の自由ですけれど、困った時に少しでも方法を知ってて損は無い筈ヨン。
では更にその先でなんで癖が残ってんのに対しての回答は、コストや総合性能のバランスからだと答えときます。
商品の値段を下げるにゃ量を売らなきゃなんないが、そうなると録音用とか業務用と設定してもホントにそれだけにしか使われないんじゃ全く売り上げが足んないの。

例えば週の内平日は鑑賞用で休日だけ録音に使うとか、そもそも使い方は買った人の勝手なんだしね。
そんなだと7日のうちの1日2日だけの為に値段が倍してもいいすかってば、そりゃ大抵非難轟々勘弁してってならぁね。
しかもその程度の価格上乗せじゃちっとも完璧に届かないので、「買えるけど買っただけじゃ足りない」のオンパレードになるですねぇ。

Micにしてもスピーカにしてもトランスデューサ部(音⇔電気の変換)は未だ完全アナログで、電気じゃない機械部分にはどうしても何らかの癖が残り易い。
それを逆手にとって個性としてるのが現状で不都合ばかりじゃ無いけれど、そのままが聴きたい時には障害でしかない。

PA用ともなると能率最優先なんでもっと癖も極端になるが、実際聴こえてからじゃなきゃどんな優れた特性も意味を為さん。
ただ兎に角無修正だとそのままとは違ってる可能性が高いと、それを知っとくのが始まりだと思う。

また近年はニアフィールドモニタ全盛だし、かつての様な爆音モニタの必要性は下がった様だ。
因みに何故かつてそんな真似が横行してたかっつうと、音量も極力生演奏時に近付けようとしてたからだ。
同じ音だって音量に大差があると違って聴こえる事があるからで、これはClassic系の録音での流儀の名残とも言える。

その昔Hi-Fi再生の黎明期は音色や明瞭度の他音量も含め、最初のテーマは「完全再現」だったのだ。
その時代には今みたいな生演奏より爆音のPAなんて無かったので、再生装置は先ず音量で大負けしてたのだ。
音色で補おうとしても技術的に近年みたいな過剰演出は到底不可能だったので、それより先に音量充足へ着手した結果だった。

ってこたぁ今だと録音後のモニタは昔より音量を犠牲にしても平気になったとも取れ、もっと特性にリソースを割く余裕がホントは出て来てるのである。
ヘッドホンでもノイズキャンセリングや高遮音性の進展のお陰で、昔みたいに不快な爆音を我慢する必要が無くなりつつある。

但しそれでも俺的には大音量モニタが不要となったとは考えて無く、必要頻度が減っただけと思っている。
前回迄に記した如く「名作程再生音量に左右されない」のを知っちゃうと、爆音再生も時には調整不備を他より見つけ易い方法になる事があるからだ。

それにしても画像だとあんなに誰もが寄ってたかって「修正」(俺的にゃ正しくは無理盛り!?○×△□)すんのに、どうして音の出口だと放置するんだろなぁ~。
変なのぉ~っと。

<続々>

« 多重録音備忘録⑥ モニタ機器Ⅱ | トップページ | 多重録音備忘録⑧ モニタ機器Ⅳ& »

音楽」カテゴリの記事

PA」カテゴリの記事

電気」カテゴリの記事

ベース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 多重録音備忘録⑥ モニタ機器Ⅱ | トップページ | 多重録音備忘録⑧ モニタ機器Ⅳ& »

フォト
2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

最近のコメント