« 50歳からのSpeedking(ペダルの話)番外編① | トップページ | 50歳からのSpeedking(ペダルの話)番外編② »

2016年12月17日 (土)

50歳からのSpeedking(ペダルの話)③

ドラム演奏の腕自体はさっぱりでも足だけは Slide Double 等にチョットは自信

あったんだが、これまでの踏み方では
どうにも中々 Speedking では通用しない。

百歩譲って己のヘボは認めましょう、でもおかしかないですかっ、と。

そもそも Slide Double の速さで目立ったのって英ではJohn Bonham 米なら

Don Brewer 辺りで
パワーも申し分ないが Speedking 使用だ。




踏込みに必要な力は普通かむしろ弱くて済んでいるのに、いくら力を入れても音

が大きくならない。

何だかビーターのストロークが他のと比べるとやたらと長い(もしくは大きい)感じ

がしたが、
ビーターのシャフトは全然長くはない。

かと言って踏んでから音が出るまでに時間がかかるって訳ではない。




するってぇと他のペダルより
ビーター自体はかなり速く動いてるって寸法ですか。

 

ビーターの動きが速いから Speedking なのねぇ、成程なるほど・・・。

 

 !!!!!

 

もしかしてもしかするとですよ、力じゃなくて速度で作用する設計になってるです

 

か!?。

 

試しにその当時の自分の限界で軽く素早く脚を落してみた。

 

  「ドゥッ」

 

Speedking はそういう仕様らしい。

« 50歳からのSpeedking(ペダルの話)番外編① | トップページ | 50歳からのSpeedking(ペダルの話)番外編② »

音楽」カテゴリの記事

Ludwig Speedking」カテゴリの記事

ドラム」カテゴリの記事

ペダル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 50歳からのSpeedking(ペダルの話)③:

« 50歳からのSpeedking(ペダルの話)番外編① | トップページ | 50歳からのSpeedking(ペダルの話)番外編② »

フォト
2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

最近のコメント