« 50歳からのSpeedking(ペダルの話)番外編② | トップページ | 50歳からのSpeedking(ペダルの話)⑤ »

2016年12月18日 (日)

50歳からのSpeedking(ペダルの話)④

従前はわたくし Double Stroke (足首‐脚 or 脚‐足首)に苦手意識があったです

が、これ疲労と音量が主な原因でした。

Slide Double でなら OK なのに、手持の YAMAHA FP-702の セッティングをどう

いじっても足首の時にショボイ音になっちまう。

一時は自分の足首が脆弱なのかと悩んで、基本的に
Double Stroke は封印して

ました。



それがどうも Speedking だと逆になるので、敢えて「足首踏み」
を先に試してみま

した。


このやり方には殆ど初心者並なので、第一段階として[番外編①]の模倣から

入ってみた。

すると FP-702 では無理なのが Speedking なら踏力が軽いからか、何とか一曲

分位はもってしまった(但しまだ
音量等は不足)。



自分的にはサブのパートのドラムだが、それでもそこそこ長くやって来た中では

これはお初である。

この結果を踏まえて音量の件を後回しにして、まずは脚も込みにしてフレーズを

なぞる事から行くとした。



しばらくして2〜3ヵ月後相変らず音量面は未解決も、どうにか恰好がついて来

る。

 

Double Stroke についてもゆっくりならそれらしき動きが続けられる様になった

が、Slide Double はこの時点でもまだ全然駄目。

得意なのだけ不可なのは何ともお寂しや〜ぁで御座る。

« 50歳からのSpeedking(ペダルの話)番外編② | トップページ | 50歳からのSpeedking(ペダルの話)⑤ »

音楽」カテゴリの記事

Ludwig Speedking」カテゴリの記事

ドラム」カテゴリの記事

ペダル」カテゴリの記事

奏法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 50歳からのSpeedking(ペダルの話)④:

« 50歳からのSpeedking(ペダルの話)番外編② | トップページ | 50歳からのSpeedking(ペダルの話)⑤ »

フォト
2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

最近のコメント