« 50歳からのSpeedking(ペダルの話)⑨ | トップページ | 50歳からのSpeedking(ペダルの話)⑪ »

2016年12月22日 (木)

50歳からのSpeedking(ペダルの話)⑩

ウヒヒ、Slide Double Double 成功しやしたぜい。

予想通り Double Stroke よりぁ連続可能回数はだいぶ減るが、打の間隔は普通

の Slide Double と同様まで行けまっせ!!。

ここまで来たから
Slide Double Double Double・・・改め、連続 Slide でごんす。



単細胞なあっしですからギネスものと思いきや、
Jojo Mayer がすでにやってたの

しばらくして後から知りますた。

まともな日本人でしたら世紀の発明水泡に帰すで落胆憔悴でしょうが
、ちょっと

は期待したものの
こちとらかなりデタラメ且つ偶発なんでショックなし。

それよりこの
Jojo Mayer さん調べたらあらま同世代、国が違っても案外考える

事は皆一緒なのね。




してコレ音としては大変結構な情勢となって参りましたが、それなりの代償もなく

はないです。

まず音を鳴らしてる間中ずっと脚は上げその上足を慌ただしく前後させますか

ら、「ダルマさんが転んだ」的疲労との一大格闘で
御座居ます

普通のペダルでは滅多にない
のものでもあるんで、よっぽど慣れてかないと

大変に厳しいです。

またうっかりタイミングがずれると相手は Speedking 様ですので、フットボードの

蹴り返し vs こっちの蹴りの相撃ちで討死にだ。(
別名「突き脚」とでも言っとくか!?)



この頃運良く YAMAHA FP-702 の自前修理に成功、普通→Speedking は無いが

逆は演奏可と耳にしてたので FP でも試してみた。

想像よりはいずれも可だったが負荷が重く
速度・回数ともかなり劣る結果に

なった。

自分にとってのコレの意義とは、Speedking での更なる技の開発余地があるか

も知れない部分だった。

« 50歳からのSpeedking(ペダルの話)⑨ | トップページ | 50歳からのSpeedking(ペダルの話)⑪ »

音楽」カテゴリの記事

Ludwig Speedking」カテゴリの記事

ドラム」カテゴリの記事

ペダル」カテゴリの記事

奏法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 50歳からのSpeedking(ペダルの話)⑩:

« 50歳からのSpeedking(ペダルの話)⑨ | トップページ | 50歳からのSpeedking(ペダルの話)⑪ »

フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

最近のコメント

最近のトラックバック