2019年4月21日 (日)

音創り㉓ エレピ等Ⅱ

前回具体的な使い方迄言及出来なかったのでその辺り、Ampのセッティングや録り方等を少々。大枠としては...

» 続きを読む

2019年4月19日 (金)

音創り㉒ エレピ等

今回のお題はFender Rhodesが有名なElectric Pianoを始め、今や半ば幻同然の鍵...

» 続きを読む

2019年4月16日 (火)

音創り㉑ Ampのマイキング 余談編

今回は少しヲタ度高目だが、Fender Bassmanの録音業務用旧標準としての衰勢等を探って行こう...

» 続きを読む

音創り⑳ AmpのマイキングⅢ

続編最初は一箱にスピーカユニット複数の場合についてで、例に依って少し面倒だが基本特性の確認から始めよ...

» 続きを読む

2019年4月15日 (月)

音創り⑲ AmpのマイキングⅡ

前回はほぼ意義と概念に終始しちまったが今回は図も交えて、実例とその理由や結果へ踏み込んで行こう。今回...

» 続きを読む

2019年4月13日 (土)

音創り⑱ AmpのマイキングⅠ

さて今回はOn Micを前提に話を進めるが、Offの場合は例えばBand全体練習のメモ録りなんかが似...

» 続きを読む

2019年4月10日 (水)

音創り⑰ ドラムセットのマイキングⅢ

今回は録音的厄介者!?ドラムセットの中でも、最も厄介と感じているCymbalを中心に行ってみよう。何...

» 続きを読む

2019年4月 9日 (火)

音創り⑯ ドラムセットのマイキングⅡ

俺が他の楽器も弾いて録るから余計感じるのやもだが、ドラムセットってのは折角個別の楽器になってる割にゃ...

» 続きを読む

2019年4月 7日 (日)

音創り⑮ ドラムセットのマイキングⅠ

前回の流れからまだ試行錯誤中なのに物申すのも何だが、それでも体験から分かってる範囲の事を一度まとめて...

» 続きを読む

2019年4月 5日 (金)

音創り⑭ 忘れられがちなMicの性質 編

今回のお題は「Micの近接効果」についてで、昔より音源に「近接収録」が顕在化してるからもっと取上げら...

» 続きを読む

音創り⑬ ドラムスローンⅡ 使用経過と本施工!? 編

前々回の俺言い「グラつき半古典スローン」 改良のその後だが、この呼び方にしたのは従兄所持のだけがグラ...

» 続きを読む

2019年3月30日 (土)

音創り⑫ ツーバス用Hi-Hat Stand小改良 編

今週のスローン改良のキッカケは実はHi-Hat Standで、それはツーバスでの踏み替え問題に端を発...

» 続きを読む

2019年3月29日 (金)

音創り⑪ ドラムスローンⅠ「ソファなのそれとも作業台なの」導入編

今週の収穫!?はドラムスローンのタイプについてでこれは良い話のタネになると目論んだ処、従兄に先を越さ...

» 続きを読む

2019年3月23日 (土)

音創り⑩ バスドラのシングルヘッド・ダブルヘッド 後日談

今週は従兄が自分用のフロントヘッドを入手・装着したのでその様子等を試し録り結果と併せてだうぞで、サブ...

» 続きを読む

2019年3月17日 (日)

音創り⑨ バスドラのシングルヘッド・ダブルヘッド 理屈編

前回起きた現象の検証へ行くが、それプラスプチオマケも。太鼓の皮の打面のみか裏もあるかの違いは、胴の深...

» 続きを読む

2019年3月15日 (金)

音創り⑧ バスドラのシングルヘッド・ダブルヘッド「目の当たり」編

所用の多忙で間が空いたが今回のメインはお題の通りで、自分ではやってても穴無しの他人のを聴く稀な機会に...

» 続きを読む

2019年3月 6日 (水)

音創り⑦ 歌物のミックスバランス編

俺の古臭そうな好みから外れるから余計そう感じるのか、歌詞最優先と思しきそのJ-POPの歌詞の聴き取り...

» 続きを読む

2019年3月 5日 (火)

音創り⑥ ミュート不足のSnareに物申す!?編

近年J-POPで俺が気になる(気に入らない!?)処の1つに、何でもかんでも「オープンなトーンのSna...

» 続きを読む

2019年3月 4日 (月)

音創り➄ 太鼓のミュートや皮等編

俺より詳しい人が沢山居るだろうけど、それなりに体験はあるのでその中から。知る限りでも真っ先に思い当た...

» 続きを読む

2019年2月28日 (木)

音創り④ バスドラのミュート音色等編

冒頭に指摘しときたいのは是迄に確立された手法の多くは、今より「まんま収録」が不可能だった時代のものな...

» 続きを読む

2019年2月27日 (水)

音創り③ バスドラのミュート等編Ⅲ

昨日は従兄の所で先週の続きとなったが、バスドラムのフロントヘッドについて再認識をした。それは従兄が3...

» 続きを読む

2019年2月24日 (日)

音創り② バスドラのミュート編Ⅱ

太鼓ミュートって案外奥が深く多岐に渡るので、今回は俺言い「アタックゴースト」対策限定で行きやす。踏み...

» 続きを読む

音創り① バスドラのミュート編

珍しく親類関係の所用で多忙になり間が空いてしまったが、予告!?ではGuitarの歪ませだったのの変更...

» 続きを読む

2019年2月19日 (火)

日本のポピュラー音楽って何なのさ④ (サラリーマン教育が諸悪の根源!?編)

今回のキッカケは家族からYoutubeのお気に入りを、半強制的に視聴させられたのに端を発する。嫌なら...

» 続きを読む

2019年2月11日 (月)

音楽をやる上での上手なお金の使い方⑥ 非消耗品編

非消耗品編たって「形ある物はいずれ壊れる」なのでほっぽりっ放しで半永久ってのは無いが、取敢えず通常本...

» 続きを読む

2019年2月10日 (日)

音楽をやる上での上手なお金の使い方➄ その他の消耗品Ⅱ編

では予告通り律儀に行くが、って実際は長くなったから分割しただけだと。大 本日の格...

» 続きを読む

音楽をやる上での上手なお金の使い方④ その他の消耗品編

前回後回しにした弦楽器のピックや太鼓の皮等へ行くが、最初は消耗度差で大別してみよう。使い方や個人差で...

» 続きを読む

2019年2月 6日 (水)

音楽をやる上での上手なお金の使い方③ 上手な楽器の選び方編

弦の次はピックだろうけど太鼓の皮等と一緒にして後回し、今回は楽器本体の選択指標を提示しよう。音楽系は...

» 続きを読む

2019年2月 3日 (日)

音楽をやる上での上手なお金の使い方② 弦の寿命編

最終的には使用者の感性に委ねられてるが、弦の寿命判定について少し例示してみよう。1つの指標として個人...

» 続きを読む

音楽をやる上での上手なお金の使い方①

最近は誤った二極化一辺倒の様で、金持ちは何でもするし貧民は何もしたがらなくなり気味だ。けれど人間必要...

» 続きを読む

2019年1月26日 (土)

邪道シリーズ③ 無理ムリ延命措置 L-1286図説編

とっとと概念図を提示するが、飽く迄私的実験なのを先にお断りしておく。俺的には昨今何処ででも目に付く「...

» 続きを読む

邪道シリーズ② 無理ムリ延命措置 L-1286 編

今回はあのSpeedking純正ビータでもある、Ludwig L-1286についてだ。世間ではこれの...

» 続きを読む

邪道シリーズ① 無理ムリ延命措置 金属弦 編

今回からは殆どギャグみたいな珍妙チャレンジ歴を出してくが、かなり不謹慎且つ無茶もあるので話しのネタ程...

» 続きを読む

2019年1月22日 (火)

真実の音質とは⑲ 生演奏の方が明瞭度が低い異常事態 編

近年の高明瞭度サウンドは聴き取りが楽な処はストレスフリーになるし、小奇麗に整ってるの自体は小気味良い...

» 続きを読む

2019年1月18日 (金)

改良・進化した楽器は演るのが楽だけど…

今従兄とLudwig評で一部意見が割れちゃってるけど、腕の違いでそうなってるのかも知れない。従兄は操...

» 続きを読む

2019年1月17日 (木)

Hi-HatとそのStand⑱ クラッチと余談 編

今週(昨日)の収穫は、DWのHi-HatクラッチSM379の試奏体験だ。このクラッチ案件は従兄の太鼓...

» 続きを読む

2019年1月15日 (火)

PAオペレータも神じゃない②

職種単独で取上げたら神様若しくはみたいなPAオペレータも居るが、音楽全体から俯瞰したらどんなに凄くて...

» 続きを読む

PAは神様じゃない①

従前から不必要な環境下でのPA乱用を戒告して来たが、原理・物理的観点からそのメカニズムを解説して行く...

» 続きを読む

2019年1月13日 (日)

整流管式真空管Guitar Amp継続使用体験談Ⅱ

今回はBassでどの程度使えたか等を補足してくが、毎度の変な言い回しだが「ホンマもんを知らなけりゃ全...

» 続きを読む

整流管式真空管Guitar Amp継続使用体験談

人は時に自慢したくなったりもするが、これには本当にそんな意図は無い単なる体験談です。(自慢したい時は...

» 続きを読む

2019年1月12日 (土)

電気楽器Ampの整流管とは 編

一口に電気楽器用の真空管Ampと言っても様々な回路方式があるが、今回は「整流管」に焦点を当てて行こう...

» 続きを読む

2019年1月10日 (木)

エレキGuitarの歪み➄ Amp歪ませでの音色調節編

前回の続補足編だが、最初は少し珍しく感じられた参考例を提示しよう。それはVan HalenがEddi...

» 続きを読む

エレキGuitarの歪み④ Ampで何処迄歪ませられるか!?編

本業多忙で暫く間が明いちまったが、そこからのフィードバックよりの再認識を記して行きたい。昨年暮れに従...

» 続きを読む

2019年1月 3日 (木)

真実の音質とは⑱ 電気楽器Amp 回路編

更に一見ヲタ度アップな感じですが、今回は主に物的証拠を求めてるタイプの人向けだす。極力電気の非専門家...

» 続きを読む

真実の音質とは⑰ 電気楽器Amp続編

じわじわヲタ性が強まっておりますが、どうして未だに真空管物の方が適性があるのかの概要だけは伝われば嬉...

» 続きを読む

2019年1月 2日 (水)

真実の音質とは⑯ 電気楽器Ampは真空管で頼んます編

新年早々寒いから熱くなるヤツってんじゃなく、幾つかの違いが原因で実は今でもまだ楽器には真空管が適して...

» 続きを読む

2018年12月30日 (日)

エレキGuitarの歪み③ 余韻を伸ばしたいけど編

エレキGuitarの歪ませには音色の他に、コンプレッサと近似な要素も内包されている。過去例でも音色よ...

» 続きを読む

2018年12月29日 (土)

エレキGuitarの歪み② Ampだけでの悲喜こもごも編

実際にこれをやろうとすると数多の困難を伴うが、それは今日の電気楽器が便利過ぎだからでもある。便利自体...

» 続きを読む

2018年12月28日 (金)

エレキGuitarの歪み①

今更系のお題が得意みたいな拙ブログだが、近年のエレキ歪み音に魅力的なのがご無沙汰と感じられる。オーデ...

» 続きを読む

ドラマー用ヘッドホンⅣ やっぱり、でも違った!?

昨日従兄の処で試し録りで使ったVIC FIRTH SIH2の、その後のインプレだ。全くヘッドホンテス...

» 続きを読む

2018年12月26日 (水)

真実の音質とは⑮ 電気楽器的高音質って何編

俺は不当価格面(対性能・機能)も含めヴィンテージ崇拝は微塵も無いが、近年設計のAmpの音の悪さには疑...

» 続きを読む

2018年12月25日 (火)

真実の音質とは⑭ 音量と音質の関係性 オマケ編

前回の今更Bee Geesもかなりだが、今はその呼称でなくなって久しいFEN等を出してしまった。概知...

» 続きを読む

2018年12月24日 (月)

真実の音質とは⑬ 音量と音質の関係性 続編

そればっかとの声がしなくもないけれど、理解を深めて欲しい気持ちを込めて行きたい。異常明瞭度強調で適正...

» 続きを読む

2018年12月23日 (日)

真実の音質とは⑫ 音量と音質の関係性

今しがた従兄の太鼓の先生のTwitterでVIC FIRTH SIH2の感想記事を見たが、「エイジン...

» 続きを読む

2018年12月21日 (金)

コンプレッサー(リミッター)の話し⑥ Bass編

前回アンサンブル的な音量バランスが得られるのは、手加減しか無いのを述べた。これのエレキGuitar以...

» 続きを読む

2018年12月20日 (木)

コンプレッサー(リミッター)の話し⑤ 「ムラを減らしたい、が…」編

久々の続編だが今回は敢えて太鼓はお休みにして、エレキ(Guitar・Bass)に特化してみよう。Ro...

» 続きを読む

2018年12月18日 (火)

日本のポピュラー音楽って何なのさ③ (歌唱力がヤバっ!?編)

以前従兄の太鼓の先生から訊いた、歌手の声量が落ちたから太鼓奏者が非力化したの独自考察だ。POP好きの...

» 続きを読む

2018年12月17日 (月)

真実の音質とは⑫ アンサンブルの厚みと実際の楽器数編

プチ編曲の勧めを勝手にぶったので、意外体験をした参考例を挙げるとする。ここでの意外は聴いた印象と実際...

» 続きを読む

2018年12月16日 (日)

日本のポピュラー音楽って何なのさ② (編曲がヤバくなって来た編)

人の事を言う前に俺も感じているが、過去比較だとここ暫くは新しい楽器が出て来なくなってしまった様だ。前...

» 続きを読む

日本のポピュラー音楽って何なのさ① (リズムパターン減少編)

題が別系統でも前回との繋がりがあるが、近年のJ-POP化以降で俺的に気になったのの内にリズムパターン...

» 続きを読む

2018年12月15日 (土)

真実の音質とは⑪ 音質にも色々あるの編Ⅹ(高音質化の弊害)

音が良くなるのはとぉっても良いんだが、奏者側に全てプラスに働いてくれない部分も少しある。(ボロがバレ...

» 続きを読む

2018年12月14日 (金)

真実の音質とは⑩ 音質にも色々あるの編Ⅸ(やまびこ)

エコー(残響)にも色々あるが一歩目は反響音だと思ってるが、Delayと言わずにカビ臭く「やまびこ」と...

» 続きを読む

真実の音質とは⑨ 音質にも色々あるの編Ⅷ(打込み)

打込み最大の利点は楽器が演奏出来なくても、自分で好きに音楽を作れる処だ。遊びだったらそれだけで終了だ...

» 続きを読む

2018年12月12日 (水)

真実の音質とは⑧ 音質にも色々あるの編Ⅶ(マスタリングⅡ)

てな訳で(訳は前回迄のを読んで)、現代本邦の流行・大手式を完全無視して続けて参ります。今回最初に取り...

» 続きを読む

真実の音質とは⑦ 音質にも色々あるの編Ⅵ(マスタリング)

俺が今のJ-POPに批判的な理由で最大案件と思ってるのが、近年本邦の画一化も行き過ぎなマスタリングだ...

» 続きを読む

2018年12月11日 (火)

真実の音質とは⑥ 音質にも色々あるの編Ⅴ(エレキベース)

最近では機器性能向上で昔より随分楽になったが、音域が端っこへ寄ってるヤツはその分録るのが大変だ。この...

» 続きを読む

真実の音質とは➄ 音質にも色々あるの編Ⅳ(生楽器録音Ⅱ)

前回の太鼓の続きとそれ以外のへ行くが、最初にドラムを取り上げたのは改悪とその影響が他より大きかったか...

» 続きを読む

2018年12月10日 (月)

真実の音質とは④ 音質にも色々あるの編Ⅲ(生楽器録音)

日本の住宅事情では生楽器を生で味わうのも大変なので、普段は録音された物を用いるのが多そうだ。オーディ...

» 続きを読む

2018年12月 9日 (日)

真実の音質とは③ 音質にも色々あるの編Ⅱ(電気楽器)

前回迄のは全体像への経緯だったが少し楽器別へ突入で、俺観点で最大案件たる電気楽器を取り上げる。今の流...

» 続きを読む

真実の音質とは② 音質にも色々あるの編

一口に音質と言っても人や場合によってターゲットとなる部分が違ったりするが、一般論では低雑音・ワイドレ...

» 続きを読む

2018年12月 8日 (土)

真実の音質とは(演出過剰への懸念)

ドラマー用ヘッドホンの項で触れた古典KOSSの件等より、近年の「作られ過ぎた」音質の功罪を綴ってみた...

» 続きを読む

2018年12月 6日 (木)

ドラマー用ヘッドホンⅢ 駆動の問題編

極力詳説回避でどこまで理解が得られるか不安だが、音響屋等以外にインピーダンスは普段不要だ。それでか本...

» 続きを読む

2018年12月 5日 (水)

ドラマー用ヘッドホンⅡ

前回のをもう少し踏み込んでみるが、それにしても公表スペックの規格がまちまちで不便なもんだ。もしどんな...

» 続きを読む

2018年12月 3日 (月)

ドラマー用ヘッドホン(一部準緊急)

先週は望まぬ災難に遭遇して間が開いたがそれはさておき、成果としては従兄の先生が購入したVIC FIR...

» 続きを読む

2018年12月 1日 (土)

パソコン自前修理③部品編

専門は音響だし経験値の高いのは電気楽器だが、長年電気屋をやっててPCに特異な部分を感じた処がある。そ...

» 続きを読む

2018年11月28日 (水)

パソコン自前修理②汚れ編

今頃言うとホントは順番がオカシイが、本稿で扱う「修理」は必ずしも高度なのではありませぬ。仮にも電気屋...

» 続きを読む

2018年11月27日 (火)

パソコン自前修理①

Speedkingよもやま話⑫と前回の⑬に間が空いたのは、宅の家庭用PCの不具合に翻弄されたからだっ...

» 続きを読む

Speedkingよもやま話⑬1足3連余談Ⅱ

前回の補足プラス図説主体になるが、その前に少々。俺は割と強めの表現が多そうなので何だけど、実際誰がど...

» 続きを読む

2018年11月23日 (金)

Speedkingよもやま話⑫1足3連余談

今週従兄にとある外国人の踏み方の質問を受けたが、それは変形足首ダブル(ヒールトゥ)であった。何処が変...

» 続きを読む

2018年11月15日 (木)

日本のRockって何だろう③暴言みたいでもホントマジな話し

今週は従兄が復活してツーバスの微細セッティングの研究をしたが、とある情報を伝えられ驚愕しちまった。そ...

» 続きを読む

2018年11月13日 (火)

日本のRockって何だろう②何で甲斐バンド編

飽く迄一例に過ぎず限定されるものでも無いが、何故今更の甲斐バンドかを説明させて頂こう。個人主観に過ぎ...

» 続きを読む

2018年11月11日 (日)

日本のRockって何だろう①伝承断絶編

最近齢のせいか今更なテーマが気になってるが、今回の発端は2つ。従兄がかつて一番手に馴染んでたStim...

» 続きを読む

2018年11月 3日 (土)

Hi-HatとそのStand⑰フェルト実験編Ⅱ

結果発表の途中で分断とは乗換が不便になっちゃった渋谷駅みたいで悪いが、実は想定外の新発見があってそれ...

» 続きを読む

2018年11月 2日 (金)

Hi-HatとそのStand⑯フェルト実験編

従兄からの協力要請がキッカケで色々体験出来たが、今週はフェルトについて。協力要請と言い乍らその根っこ...

» 続きを読む

ドラムのパワーとトーンの関係性考察(前回の物理分析)⑩

ひょんな事で経験値が上がったバスドラのウルトラローピッチ、低い方の一極限状態はかなり参考になった。高...

» 続きを読む

2018年11月 1日 (木)

ドラムのパワーとトーンの関係性考察(も少しヲタ)⑨

筆者は弱小文章力の癖に気紛れな想い付きをしたためるもんだから話が前後して済まないが、漏らしたくないの...

» 続きを読む

2018年10月30日 (火)

ドラムのパワーとトーンの関係性考察(若干ヲタ)⑧

人の問題・道具の問題と来たから、録音面に突入するぞっと。先ずは個人的に印象深いBeatles後期のR...

» 続きを読む

2018年10月29日 (月)

ドラムのパワーとトーンの関係性考察(気持ちは公的)⑦

前回でっち上げた!?「不毛な太さ競争」をもう少し解析してくが、音色に対する感覚の出発点から再確認して...

» 続きを読む

2018年10月28日 (日)

ドラムのパワーとトーンの関係性考察(六応私的)⑥

この処少し精神寄りばかりだったので得意の物理方面へ寄せて行くが、今個人的に気になったのが本邦の楽器と...

» 続きを読む

2018年10月22日 (月)

ドラムのパワーとトーンの関係性考察(五応私的)➄

少し遠回りな流れになるけれど、今週した新たな体験が役立ちそうなのでそれから。お馴染み従兄の太鼓の先生...

» 続きを読む

2018年10月20日 (土)

ドラムのパワーとトーンの関係性考察(四応私的)④

少なくとも俺の体験ではSpeedkingは爆音面でもかなり優れてるのを述べたが、エエからかんに踏んだ...

» 続きを読む

2018年10月17日 (水)

ドラムのパワーとトーンの関係性考察(三応私的)③

太鼓自体には未だ道半ばの俺だが、Speedking関連に限っては初期に苦闘したお陰でそれなりの体験は...

» 続きを読む

2018年10月15日 (月)

ドラムのパワーとトーンの関係性考察(二応私的)②

今回はヘッドのミュートに特化する、つもりで船出だ。但し本稿ではミュートそのものよりお題の通り関係性最...

» 続きを読む

2018年10月14日 (日)

ドラムのパワーとトーンの関係性考察(一応私的)①

先週実験の折にヘッドやミュート等の会話も少し出たが、そこから歴史込みで探って行く。一々歴史ってのも年...

» 続きを読む

Hi-HatとそのStand⑮実験備忘録

最近は滅多に雑誌も見なくなったので実情不明だが、例えばまだ持った事が無い人に参考になる様な情報を全く...

» 続きを読む

Hi-HatとそのStand⑭Closed失敗体験

前回別項でClosed Hi-Hatの部分で「負の無限ループ」と書いたが、実際自分が結構な期間それに...

» 続きを読む

2018年10月13日 (土)

Speedkingよもやま話⑪ペダル論(現況私的)

題にしては今回もHi-Hat Stand中心なので何だが、現在俺が確認・実験可能な俺言い「旧基準ペダ...

» 続きを読む

Speedkingよもやま話⑩ペダル論争×→談義○

今週の実験の後従兄とペダル論争もとい談義へ発展中だが、その中で耳寄りな初耳の実験談が出て来たのでそれ...

» 続きを読む

2018年10月12日 (金)

Hi-HatとそのStand⑬

では予告通りHi-Hat Standのアンサンブル内での相違から行くが、音色でも主に「聴き取り」につ...

» 続きを読む

«Hi-HatとそのStand⑫