2024年4月21日 (日)

音楽備忘録1710 今時真空管の得失⓭

前回は出力管を使ってるコンプ・リミッタを2つ提示したが、それだけで本当にパワーコンプレッションを利用...

» 続きを読む

2024年4月20日 (土)

音楽備忘録1709 心理的グルーヴ考➌

前回のは現代特有の事案とも看做せるが、体裁を気にするとグルーヴに大抵は悪影響しか及ぼさないのは不変。...

» 続きを読む

2024年4月19日 (金)

音楽備忘録1708 音楽に於けるテクニックの意味⑦

今回は内容の内コード進行に絞って進めるが、その前にメロの方が大事なのは念押ししとこう。従兄等の私感に...

» 続きを読む

2024年4月18日 (木)

音楽備忘録1707 日常生活と音楽活動⑫

ここ迄様々な角度から日常生活と音楽活動を論じて来たが、知る限りの自体験以外も含めると誰にでも少なから...

» 続きを読む

2024年4月17日 (水)

音楽備忘録1706 今時真空管の得失⓬

更なる余談の嵐で暴走しちまうが、意図的にパワーコンプを得る方法で1つ温めてる知遇があるんだ。それが前...

» 続きを読む

2024年4月16日 (火)

音楽備忘録1705 心理的グルーヴ考➋

今劣化本邦は何でもマニュアルに従え余計な事を勝手にすんなだが、殊グルーヴに関しちゃそんなの全く通用し...

» 続きを読む

2024年4月15日 (月)

音楽備忘録1704 音楽に於けるテクニックの意味⑥

前5回は分かり易さ観点から目視可能な奏法上のテクを綴ったが、実はあんなの氷山の一角にも満たないもんな...

» 続きを読む

2024年4月14日 (日)

音楽備忘録1703 日常生活と音楽活動⑪

今回は慢性疾患や中毒に言及するが、かつては杜撰大王を筆頭に貧マイナーには殆ど無縁だと思ってた。のがい...

» 続きを読む

2024年4月13日 (土)

音楽備忘録1702 今時真空管の得失⓫

今日はかなり大回りになっちまうが、音楽での人間の感覚について触れとこう。オーディオがリニアに拘った源...

» 続きを読む

2024年4月12日 (金)

音楽備忘録1701 心理的グルーヴ考➊

ベテランの知人にノリで悩みを抱える人から相談を受けた際、何の気無しに今迄発した事の無い言葉が口から出...

» 続きを読む

2024年4月11日 (木)

音楽備忘録1700 音楽に於けるテクニックの意味⑤

今回はウケ度合と表面的凄さをガン無視して、Kieth Moonの特にツーバスを取上げよう。正直聴き出...

» 続きを読む

2024年4月10日 (水)

音楽備忘録1699 日常生活と音楽活動⑩

本項ここ迄色々押し付けがましかったかな、とも思うけどそこには杜撰大王なりの悔恨が色々詰まってんだ。実...

» 続きを読む

2024年4月 9日 (火)

音楽備忘録1698 今時真空管の得失➓

球のパワーコンプレッション第3段は、実際の具合でごんす。これがかなり弱いのも強いのもあるんで、理解周...

» 続きを読む

2024年4月 8日 (月)

音楽備忘録1697 Guitarカッティングの重要性Ⅱ➐

すごろくの3つ戻るみたいでスマンが、Charの闘牛士のカッティングについて見所の追記ざんす。ダイレク...

» 続きを読む

2024年4月 7日 (日)

音楽備忘録1696 音楽に於けるテクニックの意味④

Effectorとの複合映えテクの続きで、Effectorの進化と共に色んなのが続々生まれた。Rev...

» 続きを読む

2024年4月 6日 (土)

音楽備忘録1695 日常生活と音楽活動⑨

さてこのテーマを考察してくには原点とか、初期にはどうだったかも省くべきじゃない。突飛な例えも敵弾雨あ...

» 続きを読む

2024年4月 5日 (金)

音楽備忘録1694 今時真空管の得失➒

前回触れた真空管の俗称「パワーコンプレッション」について、他所ではあまり多く語られて無い様なので今更...

» 続きを読む

2024年4月 4日 (木)

音楽備忘録1693 Guitarカッティングの重要性Ⅱ➏

んだば続いて今回は「カッティングに必要なテク」を連ねてくが、今時はなまじ指の回る人が多くなっただけに...

» 続きを読む

2024年4月 3日 (水)

音楽備忘録1692 音楽に於けるテクニックの意味③

ここ迄の記述で派手にするなら正攻法は不向きなのが少しは伝わっただろうか、それと同時にこけおどしにして...

» 続きを読む

2024年4月 2日 (火)

音楽備忘録1691 日常生活と音楽活動⑧

前回の迄で専門家程非専門家との共存が必要と指摘したんだけど、少しは分かって貰えただろうか。一般日常生...

» 続きを読む

2024年4月 1日 (月)

音楽備忘録1690 今時真空管の得失➑

続いては最も効果が分かり難く、それでいて本当はご利益の大きい球の出力段(パワーアンプ)の事をば。その...

» 続きを読む

2024年3月31日 (日)

音楽備忘録1689 Guitarカッティングの重要性Ⅱ➎

今ではCharヲタと呼ばれても平気になったが、世間主流派のヲタとは興味を持った経緯がだいぶ違った杜撰...

» 続きを読む

2024年3月30日 (土)

音楽備忘録1688 音楽に於けるテクニックの意味②

さあもう暖機運転も終ったから、鋭く切り込み具体例をガンガン行ったろかいな。ほんじゃまRockでは王道...

» 続きを読む

2024年3月29日 (金)

音楽備忘録1687 日常生活と音楽活動⑦

人間誰しも自身が未体験だと、最初はもっと没頭出来たらとかしたいと思うもんだ。杜撰大王も40代位迄は常...

» 続きを読む

2024年3月28日 (木)

音楽備忘録1686 今時真空管の得失➐

Micから球が良いとは言ったものの、それが選べない音源もそこそこある。そんな際は球プリが最初の球化可...

» 続きを読む

2024年3月27日 (水)

音楽備忘録1685 Guitarカッティングの重要性Ⅱ➍

このテーマ大昔に扱った気がするので、今回はより具体例を盛沢山で行ってみよう。杜撰大王が惹かれたのは当...

» 続きを読む

2024年3月26日 (火)

音楽備忘録1684 音楽に於けるテクニックの意味①

拙ブログでは再三に渡り俺言い「映えテク忖度警報」を発令してるが、だからって僅かでも使ったり盛ったりし...

» 続きを読む

2024年3月25日 (月)

音楽備忘録1683 日常生活と音楽活動⑥

今回はちょっち余談がメインになるが、随時頻度極短時間練習に言及しときまひょ。これを上手に活用出来る様...

» 続きを読む

2024年3月24日 (日)

音楽備忘録1682 今時真空管の得失➏

今度はMic関連での球にスポットを当てるが、私体感的にはMic自体が球(つまりコンデンサタイプ)の方...

» 続きを読む

2024年3月23日 (土)

音楽備忘録1681 Guitarカッティングの重要性Ⅱ➌

続いては楽器固有の特性の観点からだが、弦楽器で特にエレキその中でもGuitarには他より優れた点があ...

» 続きを読む

2024年3月22日 (金)

音楽備忘録1680 独自称一筆(ひとふで)弾きの功罪➌

さて初回にオルタネイト等普通に行くのと一筆で行くのと適正があると書いたが、速度次第では物理限界がある...

» 続きを読む

2024年3月21日 (木)

音楽備忘録1679 日常生活と音楽活動⑤

普段からとってもアウトドアなリッチマンだったらどうか分からんが、音楽では個人の活動拠点は自室になるの...

» 続きを読む

2024年3月20日 (水)

音楽備忘録1678 今時真空管の得失➎

続いてはエレキGuitarの球ストンプに絞って綴るが、効果はあるものの使い方に難があったのを。わざわ...

» 続きを読む

2024年3月19日 (火)

音楽備忘録1677 Guitarカッティングの重要性Ⅱ➋

私体験の事後検証をし乍ら具体内容に進めてくとして、先ずはアンサンブルに於けるGuitarの役割だ。イ...

» 続きを読む

2024年3月18日 (月)

音楽備忘録1676 独自称一筆(ひとふで)弾きの功罪➋

俺言い一筆弾きは飽く迄亜流奏法だが迂闊に全否定しちまうと、過去にはそこそこ多用されたフレーズで演れな...

» 続きを読む

2024年3月17日 (日)

音楽備忘録1675 日常生活と音楽活動④

さて防音室が必要としても、ほんじゃあ楽器の方はどうするのかについてざます。これは今時分だと太鼓の爆音...

» 続きを読む

2024年3月16日 (土)

音楽備忘録1674 今時真空管の得失➍

今時皆が何でも寿命の長さを気にする訳じゃないが、その人にとってどんな存在かに依っちゃ誰にも大影響があ...

» 続きを読む

2024年3月15日 (金)

音楽備忘録1673 Guitarカッティングの重要性Ⅱ➊

昔に比べたら唯コードでジャカジャカ演るだけ…なんて考えられてはいないだろうが、今劣化本邦ではまだまだ...

» 続きを読む

2024年3月14日 (木)

音楽備忘録1672 独自称一筆(ひとふで)弾きの功罪➊

他に上手く思い付かなくてのヘンテコ呼称だが、GuitarやBassで指なら同じ一本だけピックならダウ...

» 続きを読む

2024年3月13日 (水)

音楽備忘録1671 日常生活と音楽活動③

さて普通に暮らし乍ら音楽するのに最も壁になるとしたら、爆音系方面では演れる場所の確保じゃないかな。我...

» 続きを読む

2024年3月12日 (火)

音楽備忘録1670 今時真空管の得失➌

如何にも直情型の様でいて変なところが冷静な杜撰大王、前回末筆の如く今だと石でピュアサウンドを得る方が...

» 続きを読む

2024年3月11日 (月)

音楽備忘録1669 何はともあれ本物に触れる必然性Ⅲ➎

今日最初は若干揺り戻し感が拭えないが、典型的なJazzのエレキGuitar音色から。所謂ウーマントー...

» 続きを読む

2024年3月10日 (日)

音楽備忘録1668 杜撰大王が過去モノに拘る訳⑥

クドイ念押しになっちまうが一口に過去モノと言っても色々で、時系列的厳密には昨日リリースされたのだって...

» 続きを読む

2024年3月 9日 (土)

音楽備忘録1667 日常生活と音楽活動②

音楽活動で実演を伴うのなんかには一種のストイックさも必要だが、杜撰大王的にはセンシティブになり過ぎは...

» 続きを読む

2024年3月 8日 (金)

音楽備忘録1666 今時真空管の得失➋

では早速例外でおじゃるが、それは大元がテープで録音された作品だ。録音での劣化・欠損を露骨に逆算して録...

» 続きを読む

2024年3月 7日 (木)

音楽備忘録1665 何はともあれ本物に触れる必然性Ⅲ➍

ラテンもシャンソンもその筋の年配者を除くと、今劣化本邦の大衆には恐ろしい位無縁となった。その上酷過ぎ...

» 続きを読む

2024年3月 6日 (水)

音楽備忘録1664 杜撰大王が過去モノに拘る訳⑤

今回は過去作の誤認とリマスターの致命的欠陥を主軸にお送りするが、そもそもリマスターでの不始末は本来は...

» 続きを読む

2024年3月 5日 (火)

音楽備忘録1663 日常生活と音楽活動①

拙ブログでは珍し系になるが、お題の通りの問題を考察してみっべっと。今天災や不況も然る事乍らこんな愚政...

» 続きを読む

2024年3月 4日 (月)

音楽備忘録1662 今時真空管の得失➊

これまで杜撰大王は再三球を進めて来たが、安定性や性能面に不安の残ってる人もきっと少なくないだろう。っ...

» 続きを読む

2024年3月 3日 (日)

音楽備忘録1661 何はともあれ本物に触れる必然性Ⅲ➌

さて前回末で例示した誕生日ソングはスタンダードとしては鉄板だが、コード進行のサンプルには殆ど役立たな...

» 続きを読む

2024年3月 2日 (土)

音楽備忘録1660 杜撰大王が過去モノに拘る訳④

さて過去作を嫌がるにも色々理由はあって、音質が嫌とか音色が嫌な人も居よう。現に杜撰大王だって何か今迄...

» 続きを読む

2024年3月 1日 (金)

音楽備忘録1659 ドラム「手足一緒私論」④

こんな杜撰大王でも各楽器奏者特有の流儀には、格好良いから未だに羨望の眼差しで眺めてる。しかし真の職人...

» 続きを読む

2024年2月29日 (木)

音楽備忘録1658 楽器の異常急激高騰は誰のせい➋

どんな政治嫌いでも無関心でももう悪政を認めなきゃ病気だが、そうは言っても今劣化本邦の流行に乗ってる人...

» 続きを読む

2024年2月28日 (水)

音楽備忘録1657 何はともあれ本物に触れる必然性Ⅲ➋

前回は珍しく随分曖昧なのを書いたが、要は音楽内容の真偽判定ですよ。っても個人の嗜好は様々で、人気面で...

» 続きを読む

2024年2月27日 (火)

音楽備忘録1656 杜撰大王が過去モノに拘る訳③

久々出だがこの件も勝手好きずき趣味習慣なんで強要はしないし、真意を理解されなきゃ骨董趣味のそしりを甘...

» 続きを読む

2024年2月26日 (月)

音楽備忘録1655 ドラム「手足一緒私論」③

この発想ってもしかしたらマルチプレイヤ独特なのかも知れないが、音楽演奏自体に上手くなりたきゃ近道の1...

» 続きを読む

2024年2月25日 (日)

音楽備忘録1654 楽器の異常急激高騰は誰のせい➊

いよいよ本格的な不景気が末端迄行き渡ったか、とうとう中古の値段迄法外に高騰しやがった。これでもまだあ...

» 続きを読む

2024年2月24日 (土)

音楽備忘録1653 何はともあれ本物に触れる必然性Ⅲ➊

今度は指向をガラッと変えて、かつて上位ジャンルの者が下位ジャンルを見下してた話しをば。って元来はジャ...

» 続きを読む

2024年2月23日 (金)

音楽備忘録1652 従兄記事に勝手に便乗➍

このまま終ると不親切かと気を取り直して、フットボードガムテ貼り概知のメリットを付記しとこう。私的には...

» 続きを読む

2024年2月22日 (木)

音楽備忘録1651 ドラム「手足一緒私論」②

この私論従兄との奏法技術交流に必要になって始まったが、自分内でも苦手の手の改善に少しはヒントになって...

» 続きを読む

2024年2月21日 (水)

音楽備忘録1650 他力本願な話しですが💦➌

これだけ密かに長年の洗脳を浴びてりゃ、洗脳前の世の中を知る世代じゃないとされてる事すら分からなくても...

» 続きを読む

2024年2月20日 (火)

音楽備忘録1649 何はともあれ本物に触れる必然性Ⅱ➓

パートⅡの最後を飾るのは、培って来た個人感性の上手な処遇の仕方ざます。人間は容易に勘違いもするけれど...

» 続きを読む

2024年2月19日 (月)

音楽備忘録1648 従兄記事に勝手に便乗➌

この短編の最終回は実演の感想と、実施する際の留意点をお届けしませう。もしあなたにフィットするなら、当...

» 続きを読む

2024年2月18日 (日)

音楽備忘録1647 ドラム「手足一緒私論」①

何時もの様に従兄宅訪でドラム奏法談義をし、帰宅後暫くして又変なのに突然気付いた。のがRingo St...

» 続きを読む

2024年2月17日 (土)

音楽備忘録1646 他力本願な話しですが💦➋

スタンダードだって少しは時代で変動するもんだが、鉄板・定番の周知が不十分なのは誰にとったって損なのだ...

» 続きを読む

2024年2月16日 (金)

音楽備忘録1645 何はともあれ本物に触れる必然性Ⅱ➒

百聞は一見に如かずって言葉は今も死んじゃいないが、杜撰大王自身段々と自分から見分しに行く足は遠のいて...

» 続きを読む

2024年2月15日 (木)

音楽備忘録1644 従兄記事に勝手に便乗➋

ほんだらお待ちかねドラムぺガムテ貼りの具体実態と参るが、杜撰大王の発端はもしか大昔述「異形フットボー...

» 続きを読む

2024年2月14日 (水)

音楽備忘録1643 Paul HumphreyというDrummer③

では余談から戻ってPaul Humphreyの続きと参るが、ノリは絶品もBernard Purdie...

» 続きを読む

2024年2月13日 (火)

音楽備忘録1642 他力本願な話しですが💦➊

過去モノは臆せず聴いてみ等と言われても、とっかかりの掴めてない人に今劣化本邦は最低の環境だ。平成の途...

» 続きを読む

2024年2月12日 (月)

音楽備忘録1641 何はともあれ本物に触れる必然性Ⅱ➑

続いては基準たり得るブランドか、若しくはそれに準ずるのでも内包してる弱点行っときま。但しその弱点の殆...

» 続きを読む

2024年2月11日 (日)

音楽備忘録1640 従兄記事に勝手に便乗➊

今回からこの際露骨に乗っちゃうとして、初回はドラムペダルのフットボードのガムテ貼りの件おば。図々しさ...

» 続きを読む

2024年2月10日 (土)

音楽備忘録1639 知られざる?Billy GriffinってDrummer

只今Paul Humphreyの記事を執筆中だが、②の文末で触れた人の事を忘れぬ内に記述させとくれ。...

» 続きを読む

2024年2月 9日 (金)

音楽備忘録1638 行き過ぎた自作自演➎

今度はコピーとカバーでの功罪について論じてくとして、その最大差は頭をどれ位使うだ。何言ってんのコピー...

» 続きを読む

2024年2月 8日 (木)

音楽備忘録1637 何はともあれ本物に触れる必然性Ⅱ➐

続いては年代及びFender・Gibson以外のブランドについてだが、私感では原設計が凡そ’80年以...

» 続きを読む

2024年2月 7日 (水)

音楽備忘録1636 杜撰大王が過去モノに拘る訳②

どうせ杜撰大王の事だからこの件でも心臓強く図々しく…も少しはあるが、決して歴女とかじゃないが今に始ま...

» 続きを読む

2024年2月 6日 (火)

音楽備忘録1635 Paul HumphreyというDrummer②

昔の人な上既に亡くなってるんで、普通に語っても若い世代には分かり難いかも知れない。たまたま今還暦の杜...

» 続きを読む

2024年2月 5日 (月)

音楽備忘録1634 行き過ぎた自作自演➍

又もや今更で決定打を噛ましとくと、自前曲だって仲間の自分以外の作品を演る時ゃ実質カバー状態なのだ。そ...

» 続きを読む

2024年2月 4日 (日)

音楽備忘録1633 何はともあれ本物に触れる必然性Ⅱ➏

前回の残りに続いて、海外と国産ブランドについても言及しとこう。各人の所持スキルに依って臨時カスタマイ...

» 続きを読む

2024年2月 3日 (土)

音楽備忘録1632 杜撰大王が過去モノに拘る訳①

齢食ったから遠い過去のになっただけで、出逢った当初は最新のだったんだ。(これだけなら完全な過去の栄光...

» 続きを読む

2024年2月 2日 (金)

音楽備忘録1631 Paul HumphreyというDrummer①

杜撰大王昔から興味はあっても途中まで本職Drummerじゃなかったから、特にテク魅力のDrummer...

» 続きを読む

2024年2月 1日 (木)

音楽備忘録1630 行き過ぎた自作自演➌

自作自演の理想的良さはオリジナリティの高さだが、それを実現するには多彩な努力と才能が必要だ。この点が...

» 続きを読む

2024年1月31日 (水)

音楽備忘録1629 何はともあれ本物に触れる必然性Ⅱ➎

けふは前回の「特化型は臨時で」の、真意を説明しときませう。これは自ら楽器を弄れる程度に依って、その範...

» 続きを読む

2024年1月30日 (火)

音楽備忘録1628 適切な帯域制限の苦悩⑫

さて数多くの記事で杜撰大王が「生耳聴き」に拘るのは、何処迄行けるかの指標として重要だからだ。帯域制限...

» 続きを読む

2024年1月29日 (月)

音楽備忘録1627 Carol Kayeショック➌

さてAmpeg B-15NとSの続きだが、最大の欠点ともなり得るのはBassの高音弦が細目・薄目の音...

» 続きを読む

2024年1月28日 (日)

音楽備忘録1626 行き過ぎた自作自演➋

だば続いては何時もの様に具体例へ進めてくが、カバーの趣旨は主に2つに大別される。1つは限られた良い曲...

» 続きを読む

2024年1月27日 (土)

音楽備忘録1625 何はともあれ本物に触れる必然性Ⅱ➍

最早時代遅れな感じもする古典主流機を、何故執拗に杜撰大王は基準とするのかご説明。Mic・スピーカ・真...

» 続きを読む

2024年1月26日 (金)

音楽備忘録1624 適切な帯域制限の苦悩⑪

このテーマには「生耳との違い」は欠かせねんで、それに纏わるプチ余談をば。たかがポピュラー音楽で一々本...

» 続きを読む

2024年1月25日 (木)

音楽備忘録1623 Carol Kayeショック➋

続いてもしかしたら居るかも知れないヲタ向けも含め、Carol Kayeの奏法と内容の分析ざます。表層...

» 続きを読む

2024年1月24日 (水)

音楽備忘録1622 行き過ぎた自作自演➊

タイトルからして自身の行動と反してるかの如くだが、カバーを甘く見てるとロクな事は無いのだ。近年の今劣...

» 続きを読む

2024年1月23日 (火)

音楽備忘録1621 何はともあれ本物に触れる必然性Ⅱ➌

今時ブランド信奉(但し一部に限る)なんて如何にも時代遅れ感があるが、’70年代以前に作られたのだった...

» 続きを読む

2024年1月22日 (月)

音楽備忘録1620 適切な帯域制限の苦悩⑩

本項の〆にあたり世間多数派の心情から、敢えて駄々を捏ねてみようか。実は杜撰大王もつい最近迄は、帯域制...

» 続きを読む

2024年1月21日 (日)

音楽備忘録1619 Carol Kayeショック➊

又もや出ました杜撰大王の真骨頂、その筋でそこそこ前から高名になったCarol Kaye。何時もの様に...

» 続きを読む

2024年1月20日 (土)

音楽備忘録1618 サチュレーションの話し⓯

一通りは出し尽くした感があるんで、新発見がある迄この話しはお休みにしよう。に際し現段階で要約してみる...

» 続きを読む

2024年1月19日 (金)

音楽備忘録1617 何はともあれ本物に触れる必然性Ⅱ➋

杜撰大王には才能がある…、ってもやり続けてる内に主に他人から言われただけなのが実態で御座居。それもか...

» 続きを読む

2024年1月18日 (木)

音楽備忘録1616 適切な帯域制限の苦悩⑨

お次は打込み音源での帯域制限だが、現在の全体的な状況は知りまへん。 とは何ともま...

» 続きを読む

2024年1月17日 (水)

音楽備忘録1615 最近日本歌手のピッチが悪化した主因(推測)Ⅱ

さて前回の話しにはもう1つ特異点があり、上手かったベテラン程そのピッチが気になった処。これが又インナ...

» 続きを読む

2024年1月16日 (火)

音楽備忘録1614 サチュレーションの話し⓯

今日は前回の話しの中で、アナログを好きな癖に卑下した訳をば記しとこう。それは選択肢にアナログしか無か...

» 続きを読む

2024年1月15日 (月)

音楽備忘録1613 何はともあれ本物に触れる必然性Ⅱ➋

反省会だの刑事コロンボだのと強引な正当化をして、恒例の前回補遺や。基本的に拙ブログは筆者の境遇から、...

» 続きを読む

2024年1月14日 (日)

音楽備忘録1612 適切な帯域制限の苦悩⑧

今日は予告通りエレキLine収音での帯域制限についてだが、現在俺でも録音事情からBass・エレピはL...

» 続きを読む

«音楽備忘録1611 最近日本歌手のピッチが悪化した主因(推測)

フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ