2018年12月15日 (土)

真実の音質とは⑪ 音質にも色々あるの編Ⅹ(高音質化の弊害)

音が良くなるのはとぉっても良いんだが、奏者側に全てプラスに働いてくれない部分も少しある。(ボロがバレ...

» 続きを読む

2018年12月14日 (金)

真実の音質とは⑩ 音質にも色々あるの編Ⅸ(やまびこ)

エコー(残響)にも色々あるが一歩目は反響音だと思ってるが、Delayと言わずにカビ臭く「やまびこ」と...

» 続きを読む

真実の音質とは⑨ 音質にも色々あるの編Ⅷ(打込み)

打込み最大の利点は楽器が演奏出来なくても、自分で好きに音楽を作れる処だ。 遊びだったらそれだけで終了...

» 続きを読む

2018年12月12日 (水)

真実の音質とは⑧ 音質にも色々あるの編Ⅶ(マスタリングⅡ)

てな訳で(訳は前回迄のを読んで)、現代本邦の流行・大手式を完全無視して続けて参ります。 今回最初に取...

» 続きを読む

真実の音質とは⑦ 音質にも色々あるの編Ⅵ(マスタリング)

俺が今のJ-POPに批判的な理由で最大案件と思ってるのが、近年本邦の画一化も行き過ぎなマスタリングだ...

» 続きを読む

2018年12月11日 (火)

真実の音質とは⑥ 音質にも色々あるの編Ⅴ(エレキベース)

最近では機器性能向上で昔より随分楽になったが、音域が端っこへ寄ってるヤツはその分録るのが大変だ。 こ...

» 続きを読む

真実の音質とは➄ 音質にも色々あるの編Ⅳ(生楽器録音Ⅱ)

前回の太鼓の続きとそれ以外のへ行くが、最初にドラムを取り上げたのは改悪とその影響が他より大きかったか...

» 続きを読む

2018年12月10日 (月)

真実の音質とは④ 音質にも色々あるの編Ⅲ(生楽器録音)

日本の住宅事情では生楽器を生で味わうのも大変なので、普段は録音された物を用いるのが多そうだ。 オーデ...

» 続きを読む

2018年12月 9日 (日)

真実の音質とは③ 音質にも色々あるの編Ⅱ(電気楽器)

前回迄のは全体像への経緯だったが少し楽器別へ突入で、俺観点で最大案件たる電気楽器を取り上げる。 今の...

» 続きを読む

真実の音質とは② 音質にも色々あるの編

一口に音質と言っても人や場合によってターゲットとなる部分が違ったりするが、一般論では低雑音・ワイドレ...

» 続きを読む

2018年12月 8日 (土)

真実の音質とは(演出過剰への懸念)

ドラマー用ヘッドホンの項で触れた古典KOSSの件等より、近年の「作られ過ぎた」音質の功罪を綴ってみた...

» 続きを読む

2018年12月 6日 (木)

ドラマー用ヘッドホンⅢ 駆動の問題編

極力詳説回避でどこまで理解が得られるか不安だが、音響屋等以外にインピーダンスは普段不要だ。 それでか...

» 続きを読む

2018年12月 5日 (水)

ドラマー用ヘッドホンⅡ

前回のをもう少し踏み込んでみるが、それにしても公表スペックの規格がまちまちで不便なもんだ。 もしどん...

» 続きを読む

2018年12月 3日 (月)

ドラマー用ヘッドホン(一部準緊急)

先週は望まぬ災難に遭遇して間が開いたがそれはさておき、成果としては従兄の先生が購入したVIC FIR...

» 続きを読む

2018年12月 1日 (土)

パソコン自前修理③部品編

専門は音響だし経験値の高いのは電気楽器だが、長年電気屋をやっててPCに特異な部分を感じた処がある。 ...

» 続きを読む

2018年11月28日 (水)

パソコン自前修理②汚れ編

今頃言うとホントは順番がオカシイが、本稿で扱う「修理」は必ずしも高度なのではありませぬ。 仮にも電気...

» 続きを読む

2018年11月27日 (火)

パソコン自前修理①

Speedkingよもやま話⑫と前回の⑬に間が空いたのは、宅の家庭用PCの不具合に翻弄されたからだっ...

» 続きを読む

Speedkingよもやま話⑬1足3連余談Ⅱ

前回の補足プラス図説主体になるが、その前に少々。 俺は割と強めの表現が多そうなので何だけど、実際誰が...

» 続きを読む

2018年11月23日 (金)

Speedkingよもやま話⑫1足3連余談

今週従兄にとある外国人の踏み方の質問を受けたが、それは変形足首ダブル(ヒールトゥ)であった。 何処が...

» 続きを読む

2018年11月15日 (木)

日本のRockって何だろう③暴言みたいでもホントマジな話し

今週は従兄が復活してツーバスの微細セッティングの研究をしたが、とある情報を伝えられ驚愕しちまった。 ...

» 続きを読む

2018年11月13日 (火)

日本のRockって何だろう②何で甲斐バンド編

飽く迄一例に過ぎず限定されるものでも無いが、何故今更の甲斐バンドかを説明させて頂こう。 個人主観に過...

» 続きを読む

2018年11月11日 (日)

日本のRockって何だろう①伝承断絶編

最近齢のせいか今更なテーマが気になってるが、今回の発端は2つ。 従兄がかつて一番手に馴染んでたSti...

» 続きを読む

2018年11月 3日 (土)

Hi-HatとそのStand⑰フェルト実験編Ⅱ

結果発表の途中で分断とは乗換が不便になっちゃった渋谷駅みたいで悪いが、実は想定外の新発見があってそれ...

» 続きを読む

2018年11月 2日 (金)

Hi-HatとそのStand⑯フェルト実験編

従兄からの協力要請がキッカケで色々体験出来たが、今週はフェルトについて。 協力要請と言い乍らその根っ...

» 続きを読む

ドラムのパワーとトーンの関係性考察(前回の物理分析)⑩

ひょんな事で経験値が上がったバスドラのウルトラローピッチ、低い方の一極限状態はかなり参考になった。 ...

» 続きを読む

2018年11月 1日 (木)

ドラムのパワーとトーンの関係性考察(も少しヲタ)⑨

筆者は弱小文章力の癖に気紛れな想い付きをしたためるもんだから話が前後して済まないが、漏らしたくないの...

» 続きを読む

2018年10月30日 (火)

ドラムのパワーとトーンの関係性考察(若干ヲタ)⑧

人の問題・道具の問題と来たから、録音面に突入するぞっと。 先ずは個人的に印象深いBeatles後期の...

» 続きを読む

2018年10月29日 (月)

ドラムのパワーとトーンの関係性考察(気持ちは公的)⑦

前回でっち上げた!?「不毛な太さ競争」をもう少し解析してくが、音色に対する感覚の出発点から再確認して...

» 続きを読む

2018年10月28日 (日)

ドラムのパワーとトーンの関係性考察(六応私的)⑥

この処少し精神寄りばかりだったので得意の物理方面へ寄せて行くが、今個人的に気になったのが本邦の楽器と...

» 続きを読む

2018年10月22日 (月)

ドラムのパワーとトーンの関係性考察(五応私的)➄

少し遠回りな流れになるけれど、今週した新たな体験が役立ちそうなのでそれから。 お馴染み従兄の太鼓の先...

» 続きを読む

2018年10月20日 (土)

ドラムのパワーとトーンの関係性考察(四応私的)④

少なくとも俺の体験ではSpeedkingは爆音面でもかなり優れてるのを述べたが、エエからかんに踏んだ...

» 続きを読む

2018年10月17日 (水)

ドラムのパワーとトーンの関係性考察(三応私的)③

太鼓自体には未だ道半ばの俺だが、Speedking関連に限っては初期に苦闘したお陰でそれなりの体験は...

» 続きを読む

2018年10月15日 (月)

ドラムのパワーとトーンの関係性考察(二応私的)②

今回はヘッドのミュートに特化する、つもりで船出だ。 但し本稿ではミュートそのものよりお題の通り関係性...

» 続きを読む

2018年10月14日 (日)

ドラムのパワーとトーンの関係性考察(一応私的)①

先週実験の折にヘッドやミュート等の会話も少し出たが、そこから歴史込みで探って行く。 一々歴史ってのも...

» 続きを読む

Hi-HatとそのStand⑮実験備忘録

最近は滅多に雑誌も見なくなったので実情不明だが、例えばまだ持った事が無い人に参考になる様な情報を全く...

» 続きを読む

Hi-HatとそのStand⑭Closed失敗体験

前回別項でClosed Hi-Hatの部分で「負の無限ループ」と書いたが、実際自分が結構な期間それに...

» 続きを読む

2018年10月13日 (土)

Speedkingよもやま話⑪ペダル論(現況私的)

題にしては今回もHi-Hat Stand中心なので何だが、現在俺が確認・実験可能な俺言い「旧基準ペダ...

» 続きを読む

Speedkingよもやま話⑩ペダル論争×→談義○

今週の実験の後従兄とペダル論争もとい談義へ発展中だが、その中で耳寄りな初耳の実験談が出て来たのでそれ...

» 続きを読む

2018年10月12日 (金)

Hi-HatとそのStand⑬

では予告通りHi-Hat Standのアンサンブル内での相違から行くが、音色でも主に「聴き取り」につ...

» 続きを読む

Hi-HatとそのStand⑫

半年振りの続編は今週の成果!?よりで、物語的にはSpeedkingよもやま話⑨従兄のペダルその後Ⅲの...

» 続きを読む

2018年10月10日 (水)

J-POPサウンドの間違い探し③

前の流れから今回は「音圧」をテーマとするが、専門職以外の者にとっては聴感上の問題となる。 最近常々俺...

» 続きを読む

2018年10月 8日 (月)

J-POPサウンドの間違い探し②

昨日から始めた危ういテーマだが、どうか慌てて勘違いして簡単に老害と言うなかれ。 過去の時代の体験者か...

» 続きを読む

2018年10月 7日 (日)

J-POPサウンドの間違い探し①

J-POPが好きな方には悲報となり兼ねないので、冒頭にお詫びさせて頂きます。 また個人の好みに干渉す...

» 続きを読む

2018年10月 5日 (金)

Speedkingよもやま話⑨従兄のペダルその後Ⅲ

Rock系の世界では個性第一は大変結構なのに、俺が従兄をヘソ曲がり呼ばわりするのは以下の理由に依る。...

» 続きを読む

Speedkingよもやま話⑧従兄のペダルその後Ⅱ

さぁて今週の収穫は、バスドラのマイキングでした。 従兄好みのSimon Phillipsっぽい音色の...

» 続きを読む

2018年10月 2日 (火)

アンサンブルの低音の作り方Ⅶ

こう唱えて来るとEQ嫌いと誤解され兼ねないが、イコライザに限らず音質調整は大好物な俺だ。 しかしだか...

» 続きを読む

2018年9月28日 (金)

アンサンブルの低音の作り方Ⅵ

今週はツーバス案件とは別に、バスドラのゴーストノートの事を従兄の先生に教わって来た。 以前から個人的...

» 続きを読む

Speedkingよもやま話⑦従兄のペダルその後

従兄のStudioliteのTwitterに本人談が掲載されたのを勝手に受けて、傍目からはどう映った...

» 続きを読む

2018年9月25日 (火)

アンサンブルの低音の作り方Ⅴ

グラフを掲載すると文字数が減って楽だが、説明は不足気味になるので続編だ。 今回は過去の欧米と俺が苦手...

» 続きを読む

アンサンブルの低音の作り方Ⅳ

音楽・音響・電気を職業にして乍ら未だにオシロスコープ1つ不所持なのは酷いものだが、パソコンの発展のお...

» 続きを読む

2018年9月24日 (月)

アンサンブルの低音の作り方Ⅲ

さて今回案件の「中域」についてだが、敢えてその周波数範囲は少々独善的としている。 一般的にオーディオ...

» 続きを読む

2018年9月19日 (水)

アンサンブルの低音の作り方Ⅱ

引き続きで低高域と中域のバランス問題だが、いつ作られたかの時代性重視ならやはり極力ワイドレンジにすべ...

» 続きを読む

アンサンブルの低音の作り方

バスドラの事でまた1つ気になる気付きがあったので、それと併せて記して行く。 それはポピュラー系以外で...

» 続きを読む

2018年9月14日 (金)

Speedkingよもやま話⑥従兄所持ペダル比較

SWIV-O-MATICショックのその後、今週はStudioliteでツーバスで色んなペダルの録音比...

» 続きを読む

2018年9月13日 (木)

Speedkingよもやま話➄手持ちペダル比較

筆者は環境と経済等の事情で現代ペダルには余り詳しくないけれど、全くの偶然乍ら一応3っつの名機なら経験...

» 続きを読む

2018年9月 8日 (土)

Speedkingよもやま話④SWIV-O-MATICの踏み心地

前回迄の様に慣れとは時に大変なもんだが、実際のSWIV-O-MATIC(一体型フットボードタイプ)の...

» 続きを読む

2018年9月 7日 (金)

Speedkingよもやま話③SWIV-O-MATICショックⅢ

お題の「ショック」の度合いを知るには、もう少し予備知識が必要なのでそこはご容赦願いたい。 従兄がツー...

» 続きを読む

Speedkingよもやま話②SWIV-O-MATICショックⅡ

事の初めは従兄が研究中のアントニア“ヤヤンク”インリって、インドネシアの若き凄腕女流ドラマーが使って...

» 続きを読む

2018年9月 6日 (木)

Speedkingよもやま話①SWIV-O-MATICショック

本シリーズでは基本的には体験談ですが、幅広く緩~く語って行こうと思います。 初回の主役はお題にある如...

» 続きを読む

2018年9月 2日 (日)

Bass Drum Pedalの踏み方Ⅱ⑱ベタ足ベーシック論Ⅱ

毎度話の順番が滅茶苦茶で申し訳無い限りだが、敢えて深~ぁく追及してしまおう。 唐突だが足でリズムを取...

» 続きを読む

Bass Drum Pedalの踏み方Ⅱ⑰ベタ足ベーシック論

Speedkingを使い出してから意識する様になった「ベタ足」ですけど、最近益々その重要性を痛感して...

» 続きを読む

2018年8月26日 (日)

Bass Drum Pedalの踏み方Ⅱ⑯奏法によるミュート編Ⅱ

所詮は何事も考え方次第だし理想と現実に差はあるもの、何処を妥協するかの選択だろう。 にしても余りにも...

» 続きを読む

Bass Drum Pedalの踏み方Ⅱ⑮奏法によるミュート編

ここまでにも散々触れては来てるが少し散逸してしまってたので、体験例も含め今回は特化して徹底検証する。...

» 続きを読む

2018年8月24日 (金)

Bass Drum Pedalの踏み方Ⅱ⑭奏法失敗体験集

俺が勇者であるからか単なる気紛れか、はたまた破れかぶれか自分でも分かんなくなったが吐露しちゃう。 普...

» 続きを読む

Bass Drum Pedalの踏み方Ⅱ⑬奏法選択編Ⅱ

前回とは逆にお休みにした、フレーズによる奏法選択の最適化を追及しよう。 現実的には各奏者毎に奏法の可...

» 続きを読む

2018年8月23日 (木)

Bass Drum Pedalの踏み方Ⅱ⑫奏法選択編

前々回のアップ君の補足続編も兼ねて、バスドラ奏法の最適化を考えてみる。 現代一般的状況からは敢えて距...

» 続きを読む

Bass Drum Pedalの踏み方Ⅱ⑪音色編Ⅲ

今回はビータ周りに特化して考察するが、先ず誰でも気付くのはビータの形状差やサイズだろう。 その中にも...

» 続きを読む

2018年8月22日 (水)

アップヒール奏法の功罪

今世間を見渡すとアップヒール奏法がポピュラーに映るが、俺にはまるで抗生物質の乱用の様に見えてしまう。...

» 続きを読む

Ludwig Speedkingの使い方③

前回俺初号機と対処療法後の2号機の演奏上の差について具体的に触れられなかったので、それを記しておこう...

» 続きを読む

2018年8月20日 (月)

楽器の欠点と使用者の立場

ここんとこSpeedkingを筆頭に色んな楽器に振り回されてるが、楽器屋としては心が折れ気味だ。 例...

» 続きを読む

2018年8月19日 (日)

Bass Drum Pedalの踏み方Ⅱ⑩足・脚の動かし方「力学」編

執拗に念じ続けてる「脚上げ」だが、今回は力学的観点から検証する。 毎度の「手足一緒論」も叩く相手が同...

» 続きを読む

Ludwig Speedkingの使い方②

速報した俺2号機の事件!?のその後だが、半日以上を費やすも何とか邪魔なレバーは切除出来た。 そこで改...

» 続きを読む

2018年8月18日 (土)

Bass Drum Pedalの踏み方Ⅱ⑨音色編Ⅱ

前回音量迄到達出来なかったので音色より先に音量について記すが、両者に密な関係性があるからでタイトルに...

» 続きを読む

Bass Drum Pedalの踏み方Ⅱ⑧音色編

今度は音色や音量と力の関係について検証して行くが、西洋太鼓では割と比例しない部類らしい。 鳴らし方の...

» 続きを読む

2018年8月17日 (金)

Ludwig Speedkingの使い方①

間違い無く名機だが昔ののせいで、今実際に使われるのは昔の(或はからの)音楽の場合が大多数だ。 しかし...

» 続きを読む

<緊急速報>Ludwig Speedkingポスト開きの原因と対策

やらかしちゃいました~ぁだと😢だけど、Speedkingユーザー4年目にして初の...

» 続きを読む

2018年8月15日 (水)

Bass Drum Pedalの踏み方Ⅱ⑦力続編

前回「落すだけ」にと唱えたが、人から見ても踏んで無いフリをしろってんじゃないのよ、実際ペダルは踏まれ...

» 続きを読む

2018年8月13日 (月)

Bass Drum Pedalの踏み方Ⅱ⑥力編

これ迄も折に触れ述べてきたが、太鼓の足に関しての力の入れ方を掘り下げる。 今回は手と足の一緒な部分と...

» 続きを読む

2018年8月 8日 (水)

Bass Drum Pedalの踏み方Ⅱ➄ペダルの相性編2

前回独断的宣言!?はしたが現実は厳しく、値段の他にコンディションの問題もあって誰でも確実には入手出来...

» 続きを読む

2018年8月 7日 (火)

Bass Drum Pedalの踏み方Ⅱ④ペダルの相性編

俺にとって相性と言われれば本職でも無いのにSpeedkingと即答になるが、他の楽器にだってコレって...

» 続きを読む

2018年8月 6日 (月)

Bass Drum Pedalの踏み方Ⅱ③足の方向編

足の動かす・力を入れる方向なんて今更のお題だけれども、結構誰でも把握の甘そうな点だ。 前回指摘した「...

» 続きを読む

Bass Drum Pedalの踏み方Ⅱ②フットボードの摩擦抵抗編

同じ抵抗でも今度はフットボードについてで、俺みたいにスライドを多用する場合は重要となる。 スライドさ...

» 続きを読む

2018年8月 5日 (日)

Bass Drum Pedalの踏み方Ⅱ①ペダルの動作抵抗編

Speedking賛歌の項で「動き過ぎるのも駄目」と書いたが、この点についてもう少し掘り下げてみよう...

» 続きを読む

2018年8月 1日 (水)

Ludwig Speedking賛歌③

俺にとっては運命的遭遇だったSpeedking、今の処社会的には効果は表れていないがそれでも見事なま...

» 続きを読む

2018年7月29日 (日)

Ludwig 3ply Reinforcement Drumの話し③

前回現代的厚胴の方が明瞭度に勝ると述べたが、いざ録ってみるとそれ程でもないのも記した。 趣味で仲間と...

» 続きを読む

2018年7月28日 (土)

Bass Drum Pedalの踏み方⑱トゥヒール&ヒールトゥ編5

暫し間が空いたが今度は奏者にとっての「感覚」についてで、当然個人差はあるが使用ペダルによる差も含めて...

» 続きを読む

2018年7月25日 (水)

エレキギター修理の話し④

前回の続編だがシールドの仕方の方法についてで、予めメーカーで施されてる例から参考に挙げて行こう。 ①...

» 続きを読む

2018年7月24日 (火)

エレキギター修理の話し③

今回は若干タイトルに偽りありになっちまうが、エレキギター本体のシールドについてだ。 私事情だが今シリ...

» 続きを読む

2018年7月23日 (月)

エレキギター修理の話し②

今回は先週のと大昔の話しがごちゃ混ぜで時系列が変だが、最初はフレットが摩耗して困る話しだ。 キャリア...

» 続きを読む

2018年7月22日 (日)

エレキギター修理の話し①

割と原始的ではあるが意外と知られてない、或は忘れられたコツというか注意点を挙げて行こう。 最近拙ブロ...

» 続きを読む

Ludwig Speedking賛歌②

今回は俺的に「隠れた最大の特徴」について述べたいが、それは取敢えず「バネカムの深さ!?」とでも言っと...

» 続きを読む

2018年7月15日 (日)

Ludwig Speedking賛歌①

遂に宗教がかって来たかと言うなかれ、古臭くていい加減だが実に「奏者」視点を重視されたペダルなのだ。 ...

» 続きを読む

2018年7月 1日 (日)

Bass Drum Pedalの踏み方⑰番外編1

前回からの流れで未だ推論に過ぎないが、ペダルと太鼓の「数の倫理!?」だ。 今度は脱線せずにちゃんと分...

» 続きを読む

Bass Drum Pedalの踏み方⑯トゥヒール&ヒールトゥ編4

で今回は図表シリーズの図の方、主に爪先踏みのコツ辺りを。 珍しくいきなりだでぇ。 トゥヒール(若しく...

» 続きを読む

Bass Drum Pedalの踏み方⑮トゥヒール&ヒールトゥ編3

今回は久々の図表シリーズ、って表はもしや初めてか!?。 説明下手が幾ら頑張ってもではあるが読者を混乱...

» 続きを読む

2018年6月25日 (月)

Bass Drum Pedalの踏み方⑭トゥヒール&ヒールトゥ編2

今回はこの手の奏法時の「力の入り方」や、入れた「力の使われ方」について記そう。 最初に指摘しておくが...

» 続きを読む

2018年6月24日 (日)

Bass Drum Pedalの踏み方⑬トゥヒール&ヒールトゥ編1

順番では次はトゥヒールの2打目だが、敢えてヒールトゥも併説して行く。 これはどの順番でも爪先・脚の連...

» 続きを読む

Bass Drum Pedalの踏み方⑫トゥヒール編3

奏者の意識も大切なのでつい長々力説しちまったが、反省も込めて具体的部分を先へ進めて行こう。 前回迄に...

» 続きを読む

Bass Drum Pedalの踏み方⑪トゥヒール編2

さてトゥヒールの踏み方だが、「脚を落す」のオンリーから脱出すれば良いだけと根本は単純明快だ。 太鼓で...

» 続きを読む

«Bass Drum Pedalの踏み方⑩トゥヒール編1

フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

最近のコメント

最近のトラックバック